黒穂垣に遂に掛かりました。

  • 2013.11.09 Saturday
  • 21:08
 さて、昨日から漸く竹垣の作業に取り掛かることが出来ました。

DSCF5162 (375x500).jpg

小田原から相田さんと従業員の白井さんが手伝いに来てくれています。

相田さんは1歳しか違わないので、非常に親近感を覚えます。

私の信頼している同世代庭師の親方の一人です。

そんな彼と仕事を共にするのは今回が初めてですが、色々と良い刺激になります。

DSCF5159 (500x375).jpg

そんな庭師:相田氏が手掛けてくれた延段と石積み。いい感じの”むくり”をつけてくれた。

やっぱり応援に呼ぶなら断然”庭師”に限る!!そして自分の現場で私の思う”モノ造り”が施工できるレベルの方に来てもらえると非常に作業も捗りありがたい。


DSCF5160 (500x375).jpg

伝い工事は愛弟子の伸也に施工させた。コブ出しの御影縁石。これも珠玉の一品。まぁ、高価な石材というよりも、100年ほど前の古い時代の”しっかりとした職人の手仕事”で作られた縁石です。こういったものは常日頃からアンテナを張り、置き場にかき集めておいて初めて使える代物です。

作庭が決まってから材料を選ぶのは良くないことです。

勿論、今現在の材料が悪いという事ではなく、今回の庭では落ち着きのある空間を目指したかったので、全体的に古材を多く使いました。

DSCF5169 (375x500).jpg

昨夜も作業は21時近くまでに。でも皆のテンションも高い!!

こういった垣根を作るお客様も減りつつありますが、俺は出来る限り手仕事を大切にしていきたい。

DSCF5166 (500x375).jpg

黒穂の掻き付け。半纏姿は私です。

DSCF5170 (500x375).jpg

黒穂が掻き付け終わったところです!でもまだまだこれからが長い作業です。

今回は茶筅仕上げといって、穂先に厚みを持たせ抹茶をたてる茶筅のように仕上げます。

そして屋根を付ける。通し造りで屋根付け・・・・複雑な構造をした垣根になる。

でもその細かな作業が結構好きな自分。先は長いけれど心を投影して気合入れて作業します。


黒穂垣の準備

  • 2013.10.19 Saturday
  • 18:35
 さて、先程のブログでの通り、本日は”お清め”のみの作業でしたので10時には置場に戻ってきました。

その後は今回の竹垣:屋根付き黒長穂垣茶筅仕上げの準備をしておりました。

DSCF4738 (500x375).jpg

これが黒長穂です。弊社でも度々作る垣根です。

DSCF4739 (500x375).jpg

これも購入したままでは、使えませんので1本1本丁寧に今回作る垣根の高さに合わせて長さを整え、節を揃えて切断し、不要な下枝を払っていきます。

DSCF4743 (500x375).jpg

下処理の終えた黒長穂です。

このように地道な作業があるからこそ、完成時には美しい垣が出来るのです。

DSCF4741 (500x375).jpg

入社10ヶ月の川井も今回の垣根は初めて、一生懸命私から伝統技法を学んでいます。

月曜日からはいよいよ本格的に工事がスタートします!

霧島宏海、魂をかけた作庭に望みます!!

袖垣を無事に納品!!

  • 2013.03.01 Friday
  • 18:28
 さて、本日無事に前々から準備して作成した「2段大徳寺、茶筅仕上げ・裏黒長穂垣」が完成し納品できました。

tig_02.jpg

納品した袖垣です。今回は雨天時に準備し、卒業を控える周二郎と、とことんまで”手仕事”に拘って作成した。

今回は本当に予算度外視の中で作成し、作業日数を考えると請け負い金額の4倍以上のものとなってしまった(汗)

でも、それでも周二郎と新入社員の伸也に”本当の手仕事”を目に焼き付けて欲しかったし、自分自身も久しぶりに燃える心で手がけた。

tig_05.jpg

裏側は黒長穂垣で裏には国産杉皮を張り、穂先にも十分な穂を充填した。

お客様も物凄く喜んでいただけた。

職人としてとても嬉しく、良い仕事になった。


松井クリニックさん袖垣完了!

  • 2012.04.25 Wednesday
  • 19:33
 さて、続きです。

20120425113640.jpg

完成した「大津垣」です。胴縁はステンレスにして、所々はアルミ製の板を使用することで「純和風」になるのを軽減。

20120425150058.jpg

周二郎に設計施工させた「あやめ垣」胴縁はアルミの補強付きの丸棒を使用。

差し石の変わりに「枕木」を使用!周二郎にも少しづつですが現場の設計をさせる。

これも彼の成長の為。自分で設計させ、段取りから原価計算までさせることで独立への責任というものを学ばせる大切なこと。

今回もこのような垣根つくりをさせていただいた松井クリニックの松井先生には感謝の念が尽きない。

今回も心を投影し、しっかりと庭師として仕事をやり遂げた。

幸せなことだ!!

明日は雨模様だけれど、霊園で管理仕事に入ります!!

明日も気合入れていくぜ!!

松井クリニックさんにて竹垣工事

  • 2012.04.25 Wednesday
  • 19:26
 昨日から弊社はいつもお世話になっている、横浜市都筑区の「松井クリニック」さんにて竹垣の改修工事をしておりました。

ここ松井クリニックさんのコンセプトは「理想的なプライマリーケアを目標に診療科にとらわれず赤ちゃんからお年寄りまでファミリーで頼れる新しい形の地域密着型のクリニックをめざしております。」です。

そう、本当にコンセプト通りというか、それ以上です!!

実は私は2ヶ月以上前からお腹の具合が悪く、居住している座間近郊の病院に行っていたのですが・・・・改善の兆し無しでした・・・。咳も止まらず全身が倦怠感でなんだか満身創痍だったのですが・・・(この状態で近所の医者に診察してもらいましたが診察時間僅か1分・・・・これで何が分るのだろう????)

そんな折に松井クリニックさんの近所で打ち合わせがあった為、竹垣が腐食しているのも気になり伺ったときに、私自身も診察していただきました。

弊社がいつも仕事でお世話になっているから、営業目的で居ているのでは無く、私自身がいつも最後の頼みに掛かるのがこのクリニックさんです!

なぜ私が車で1時間以上掛かるこのクリニックさんを選ぶのか、それは患者として当たり前のことですが、ドクターに対して絶対の信頼がある!!

診察の仕方、待合の雰囲気、病院の雰囲気、処方箋の内容等・・・・・。

俺は若いけれど、それなりに人の上に立つ人間だし、その人の持つ「オーラ」って言うのかな、そういうものを昔から敏感に感じる。そして、今の自分の立場では健康を害すること=会社の危機=お弟子さんの生活保障の崩落これが否が応でも付きまとう訳だし、お医者さん選びは仕事に直結する。

だから俺はいつも地元で医者を探すとき、信頼できるドクターを探す!そう、病院の規模とかじゃなく、「俺の体を診てくださるドクター」だっ!

残念だけれど、私の住む近隣には俺の体を任せることが出来るドクターが居ない・・・。

ドクターって一般人には物凄く大切な存在!薬一つで自分が壊れる事もある。

今の世の中で「ドクター」という事をキチンと理解している医者は少ない・・。松井先生は俺にとってかけがいの無い「ドクター」、仕事上で出入りが出来なくなっても、きっとこれからもお世話になりたい大切な人です。

そして、先生は常に「攻め」の姿勢で居ること、これも俺にとって凄く刺激的!!

先生のブログはこのブログのリンクで貼ってあるけれど、読んでみて下されば分るけれど、すっごく等身大です!!ドクターって取っ付きにくいし、上辺だけの綺麗事とか多いけれど、先生はプライベートなこととかも書いちゃう(笑)ちょっと普通じゃないところも好き!!(笑)

経営戦略も凄く意識しているし、同じ経営者として目標にしているお方。先生のブログってすっごく面白いんです!!今週の月曜日のKISSのブログなんて大笑いするし、等身大のパパの姿だし、ちょっとドキドキする動画を載せたりで!!

くぅ!!!俺もこんなキスがしたーーーーーーい(笑)

あぁ!!!しまった!!竹垣のブログがすっかり・・・・あさっての方向へ(笑)

でも、このブログを読んでくださる方で自分にとって素晴らしいドクターにまだ出合って居ない方は、是非この松井クリニックさんにて診察をしてもらっては如何でしょうか!!

美容・形成外科についても専門ですし、素晴らしい最新機器も揃っていますしスタッフは皆美人さんだし、先生はイケ面だしとにかく懇切丁寧な診察!!!お勧めです!!

平日も日曜も診療しているし、是非一度来院してみてくださいね!

さて、ここから現場の施工状況の紹介!

matui_01.jpg

古くなって竹も腐ってしまった竹垣。

matui_02.jpg

こちらも腐食の進んだ垣根。今回はこの2つの袖垣を作り直しました。

matui_04.jpg

昨日の作業風景。真竹を磨き、「菊割」という専用の道具で均等割した後に1枚1枚丁寧に鉈で仕上げていきます。そんな作業中の私です。

20120425091303.jpg

前回同様、ステンレスの胴縁をを取り付け準備完了!

続きは次のブログで!!



円連垣・・・遂に完成です。

  • 2012.04.02 Monday
  • 20:56
 週末に完成する予定だった私の創作垣「円連垣(えんれんがき)」が完成しました。

新しい試みとして施工した垣根でしたが手ごたえはバッチリです!!

enren_13.jpg

完成した円連垣を玄関正面から望む姿です。2つの波が円を描き美しい曲線を出しています。

ど派手に見えていた赤いボードも品よく隠れていると思う。

enren_14.jpg

こちら入り口側から眺めた円連垣。真ん中の太い竹が玄関までを力強く引き締めています。

enren_15.jpg

打ち水をして、しっとりとした雰囲気になり、この角度からだと奇抜さは息を潜めます。

enren_16.jpg

反対側からの眺め。大きな円が連なって伸びていき、またその大きな円の上下に小さな楕円形の透かし垣と遮蔽垣が連なって伸びていきます。

この感じが正に円連。だから円連垣と名付けました。

伝統技術が根底にある中で創作することが大事だと思う。自分はまだまだ未熟な庭師だけれども、しっかりと伝統技術も修めていく中で、自分の中にある新しい可能性の部分も延ばしていこうと思う。

とにかく、円連垣無事完成です!!

あっ、網代垣は完成していますよ!

  • 2012.03.31 Saturday
  • 18:27
 この現場のもう一つの垣根。

伝統的な垣根の一つ「網代垣」は先日完成しています!!

ajiro_08.jpg

お風呂場の前で建物裏ということで場所も狭く、完成写真はこの角度以外からは撮れないのが残念です。

今回の様に編み込む垣根は1年半前にも施工しました。

yamaguti_62.jpg

清水竹を使った「沼津垣」です。思い返せばここ年間で実に様々な垣根を作らせていただいたように思う。

その5年間で作った垣根(講習会を含む)は

四つ目垣数回・建仁寺垣6回・黒長穂垣2回・大徳寺垣5回・九頭竜垣1回・竜安寺垣1回・偕楽園垣1回・杏林坊垣2回・沼津垣1回・光悦寺垣2回・御簾垣2回・泉福寺垣(創作南禅寺垣)1回・網代垣2回・ひしぎ垣1回・桂垣2回・創作垣2回・などなど・・・。

ありがたいことにこの数年で120間(216m)はゆうに超える施工実績。

和の文化の竹垣工事が避けられている住宅事情の中でこれだけの施工をさせていただけたのも、一重にも二重にもお客様のお心の深さだと思います。

お蔭様で一番弟子の西窪周二郎も上記の垣根の全てを一人で施工できるようになった。

お施主様が庭師を育てる・・・昨今の職人の教育では中々無い事ですが本当にお客様に恵まれ、私以下全スタッフが鍛えさせていただけました。

これからも感謝の念を忘れることなく、精進して行こうと思います。

円連垣完成!!のはずが・・・。

  • 2012.03.31 Saturday
  • 17:47
 本日は物凄い風でしたね!?台風並みの強い風で弊社イタリア料理店の看板が破壊されました。

その撤去作業のせいもあり、円連垣も遅れ気味に(汗)

後もう少しというところで未完成(汗)

enren_10.jpg

中央の釘留め部(ステンレス・スクリュー釘を使用)には太竹で押し縁。

他に押し縁がないシンプルな垣根なだけに中央の押し縁が良いアクセントになる!!

この垣根の面白いところは見る角度によって様々な見え方をするところです。

上の写真の角度だと円が連なって見えますが下記の写真だと

enren_12.jpg

目立つ赤いパネルは、見えなくなり、上部の曲線が目立つ只の格子垣に見えます。

enren_11.jpg

また別の角度で見ると大きな円が連なりながら、波が交差する中央部が綺麗な曲線を描きます。

初めは自分でもちょっと奇抜すぎるかなぁと思っておりましたが、かなり良い感じに仕上がってきたと思います!!

月曜日の午前中で完成予定です!!

円連垣の施工

  • 2012.03.30 Friday
  • 20:17
 さて、新しい試みとして施工している創作垣「円連垣」ですが順調に進んでおります。

いよいよ創作垣大公開へ(笑)

enren_07.jpg

胴縁にはメタリックな銀色を施した飾りを取り付け!!スタイリッシュな印象に。

enren_09.jpg

そして、この垣根が私の創作した垣根、「円連垣」です。

細竹を立て子に使い、交互にずらす事で2つの波を造り、円を描きながら透かし垣と遮蔽垣を繰り返しながら構成しています。

あの派手な赤いボードは上下に見え、青竹とストライプ模様になります。

銀色の飾り胴縁はアクセントになり透け垣部分では同じくストライプになります。

enren_08.jpg

細竹のウェーブ、小さな楕円形の上下透かしと赤いストライプの楕円、赤いボードと次の赤いボード間で作られる大きな透かしの真円で構成される垣根です。

青竹という和を強調する材料で和から離れていく試みです。

今日は半分ほど施工できた。明日で完成を目指します!!

皆さん、この「円連垣」・・・・どの様に映りましたでしょうか?

きっと賛否両論だと思います(汗)

でもそれでいいと思う!俺は他の庭師からは「つまらない庭」・「どこにでもある庭」ってよく言われる!

でも俺は他の庭師から何を言われてもへっちゃら!!

俺が見ているのは同業者じゃないし、あくまでもお客様なわけだしね。

そして、俺もこんな伝統から離れた物だって作れるし、アイデアが無い訳ではないのですよん(笑)

遂に現場での作業!

  • 2012.03.28 Wednesday
  • 21:07
 本日から竹垣の作成場所を置き場から現場に移りました!

まずはお風呂場の前に作られていた黒竹と割竹で作られていた遮蔽垣を解体し、新たな柱を立て込んでいきました!!

しかし問題発生!!既存の汚水排水管の位置関係で新設の垣根では間柱を建てる事が出来ないことが判明・・・・幅2.5mの垣根・・・本来なら間柱が必要な距離。

しかし、立てられないのであれば仕方がありません、建てなくても良いように工夫すれば良い!!

ajiro_6.jpg

写真の中でフェンスより左がお施主さんの敷地です。

本当は写真に写っている裏側部の網代垣の押し縁も割り竹にする予定でしたが、間柱が取れないということで、木の胴縁を施して強度をアップしました。

青竹の色合いが綺麗ですね!!

そして、同時進行で進められているもう一つの垣根、そうです創作垣根の「円連垣」の製作です、

enren_06.jpg

柱を立て、間柱などにも細工をしていきました。その後は写真のように昨日のブログで紹介した、あの大胆なフォルムをした板を胴縁に取り付けていきます!!

enren_05.jpg

どうでしょうか?かなり見たこともない垣根になりますよね(笑)

明日も今日の続きになりますので夜の更新をお楽しみに!!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM