無量山 慈眼寺 作庭工事 第2期工事

  • 2014.07.03 Thursday
  • 07:04
平等院垣の前に掛かっていた足場も取れた!!

DSCF7184 (640x480).jpg

圧巻の高さだなこりゃ・・・。

DSCF7188 (640x480).jpg

コクリュウフジを絡ませて、植栽工事も進む。

DSCF7183 (640x480).jpg

桂垣の柱の加工や屋根の加工も祐樹に教えながら進む。

DSCF7186 (640x480).jpg

大工仕事を炎天下で1日していた。気温も暑いし、アスファルトも熱い。

DSCF7193 (640x480).jpg

駐車場を占領(笑)

無量山 慈眼寺 作庭工事 第2期工事4・5日目

  • 2014.06.29 Sunday
  • 08:22
 慈眼寺さんの平等院垣は完成!!

DSCF7162 (640x480).jpg

改めて見てみても巨大だな・・・。


天端の生垣も足場を新たに掛けて刈り込みスッキリ!!

そして、桂穂垣の準備へ

DSCF7160 (640x480).jpg

国産孟宗竹の穂をチョイス!竹はこの時期は余り良くないので穂垣を造る設計にして、竹穂はいい時期のものを選んで購入。時期が良ければ勿論、竹薮から採取できるだけ採取して材料を揃えるのが霧島宏海流です。

会長(先代親方で父親)も作庭を見守りに来てくれています。

山積みの竹穂をし下処理していきます。この下準備に途方もない時間と手間が掛かります。

DSCF7152 (640x480).jpg

DSCF7163 (640x480).jpg

お約束の「霧島時間」に突入(笑)作庭工事中には度々遅くまで作業することになります。

DSCF7165 (640x480).jpg

この日は8時半ゴロまで作業しました。それでもまだまだ・・・まだまだ竹穂の下準備は終わりません。
DSCF7166 (640x480).jpg

そして昨日は雨模様でしたので、テントを張っての作業。

DSCF7167 (640x480).jpg

霧島宏海の竹穂の下処理は他の人の下処理の何倍も掛かります(苦笑)

それでも仕上がりは最高に良くなるので手を抜くことは出来ません。

特に今回の竹垣は「新たな魅せる桂穂垣」となります。

誰もやらなかった方法で桂垣の魅力を引きだします。その為にもこの下処理はとても重要でした。

下処理を終えた竹穂は漸く次の段階へ

DSCF7172 (640x480).jpg

節間を揃えていきます。色々と選別する基準があります。愛弟子たちも何百本とある竹穂と格闘!!

DSCF7175 (640x480).jpg

竹穂を18本で1束に分け、いよいよ編み込み

DSCF7176 (640x480).jpg

今回の桂垣は「本歌」の竹穂の捌き法では施工しません。

どちらかというと「大徳寺垣」のほの捌き方で施工していきます。

幾つかのこの編み込みの方法がありますが今回は「裏穂使い、左右捌き」です。

京都などでは「裏穂使い、左穂捻り右片流れ捌き」が多かったり。
都内だと、「表穂使い、左右流れ捌き」を良く目にします。

そしていつもの私なら、オリジナルの「表穂使い、第一右穂節一点越し左右捌き」ですが今回は封印(笑)


こんな感じに捌いていきます。


これを今回は20枚用意しました。

さて、これで竹穂の準備はOK!

今度は柱や屋根の加工がモリモリ残っています。今回は全てヒノキ材!!

厚さ3cm幅30cm長さ4mの屋根板もヒノキ!高かった・・・。けれど「霧島宏海桂穂垣」

いくぜ!!!!!!

無量山 慈眼寺 作庭工事 第2期工事3日目

  • 2014.06.26 Thursday
  • 23:07
 本日98%「平等院垣」が完成しました。

DSCF7133 (640x480).jpg

慈眼寺さんの境内入り口を望む。

コンクリートの壁が目立ってしまうのが判りますね。

DSCF7138 (640x480).jpg

縦横45cmの格子が数多出来ていきました。

DSCF7140 (640x480).jpg

壮観です!!私自身こんなにも巨大な垣根は作ったことがないのでワクワクしております!!

DSCF7141 (640x480).jpg

山門前からの眺め!!

DSCF7142 (640x480).jpg

足場の上からだとこんな感じ。

さて、明日からは「霧島宏海流・スペシャル桂垣」の準備に入ります!!!

無量山 慈眼寺 作庭工事 第2期工事開始

  • 2014.06.25 Wednesday
  • 20:21
 慈眼寺さんの作庭工事も2期工事目がリスタート。

DSCF7112 (640x480).jpg

今回のメインとなる工事、それは「平等院垣」を作ります。

高さ6m 長さ15mの巨大な格子の縦方向の藤棚。それが平等院垣といわれる垣根です。

DSCF7113 (640x480).jpg

現場には物々しく足場がかかり、作業効率を高めます。

この巨大なコンクリートの壁一面を藤の花で埋め尽くそうというのが私の狙いです!!

DSCF7120 (640x480).jpg

こんなかんじに作業中!!規模がとても垣根とは思えませんよね(笑)

DSCF7123 (640x480).jpg

DSCF7128 (640x480).jpg

縦横の格子を設けています。

DSCF7119 (622x640).jpg

祐樹も「ちっちゃくてーも、生ぃきぃてるっ!!」って自分で言いながら日々頑張っているようです。

移動も私がひょこっと摘んで上げれば何処でも自由に。


暑くなれば、ペットボトルで水浴び!

もう一人の筋肉担当職人の唯人も頑張っている様な気もします(笑)

DSCF7131 (640x480).jpg

カメラが大好きな彼は、此方はまじめに工事記録を撮っていても・・・・・この表情。

アップで見ると・・・・。

DSCF7131 (640x585).jpg

ご馳走様でした・・・・・お腹一杯です!!唯人君・・・・・最早カピバラさんやな・・・。

DSCF7130 (321x321).jpg

いやいやいやいや・・・・だからぁ、お腹一杯だって!!(笑)こち亀の両さんみたいになっとるわい!!!

まぁ、なんにしても毎日怒られながらも、2人の愛弟子は今日も必死に頑張っています。



慈眼寺作庭工事 1期工事完了

  • 2014.06.15 Sunday
  • 08:49
 さぁて、先週一週間は慈眼寺作庭工事の前段階、伐採・抜根工事でしたが無事に全て完了。

DSCF6933 (640x480).jpg

今週は海老名市の禅寺:鳳勝寺さんにて池庭の手入れ。

その後また慈眼寺さんに戻ってきます!

DSCF6944 (640x480).jpg

中庭のマジックミラーの内側の書院です。

映っているガラスがマジックミラーになっていて外からはこの書院が見れないようにしてあります。しかし鏡に映りこんだ庭が奥行きを演出。

そんなこの場所も、白砂利部分を少し改修します。

無量山 慈眼寺 作庭工事2日目

  • 2014.06.11 Wednesday
  • 21:28
 本日は雨の中でしたが「慈眼寺山門外大階段脇 改修作庭工事」の2日目でした。

DSCF6910 (640x480).jpg

写真のこの大きなモッコクの下に小さな小さな坪庭を作ります。

しかし其処は庭師の私。今回は「魅せる庭」を作ります!お楽しみに。

非常に手のかかるものも作ります。

DSCF6911 (640x480).jpg

3週間ほどで完成させようと思いますが、どうなることやら(笑)

無量山 慈眼寺 作庭工事開始!

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 20:11
さぁ、本日より藤沢市の禅寺:慈眼寺さんにて作庭工事が開始されました!

今回は山門より外の参道階段脇を大改修していきます!

6月10日は大安。造園工事には必ず大安の日に乗り込んで、

DSCF6823 (405x640).jpg

先ずは自分達の道具を塩と酒で清めます。

DSCF6824 (480x640).jpg

酒も丁寧に全ての道具に掛かるようにします。

今回の工事では既存の植栽は一度更地にしまして、私の設計で新たに、そして斬新でありながら纏まりのある空間を作っていきます!

DSCF6827 (480x640).jpg

今回の施工範囲には全て酒と塩で清めます。

伐採をする樹木には「消災呪(しょうさいしゅ)」というお経を私が読経し樹木の鎮魂と無事故を願います。その後は回向(えこう)をして合掌低頭。

これがウチの工事初日のお清め式。


DSCF6833 (640x480).jpg

そしていよいよ工事開始。

DSCF6838 (640x480).jpg

この巨大な壁に何が出来るかはお楽しみ。

DSCF6836 (640x463).jpg

私の作業中の姿。親方として頑張っています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM