雪吊り

  • 2014.11.22 Saturday
  • 19:59
今週後半は海老名市の鳳勝寺さんにて雪吊りしてました。



竹磨いて



割って捌いて



藁縄結んで



愛弟子達を鍛えて







霧島宏海流 雪吊り完成!

フェイスブックより

  • 2014.10.27 Monday
  • 21:15
 最近はずっと禅寺で土留め作業中。
私の石道具達。
毎日、石ノミやコヤスケのお尻を削ってメンテナンス。
大ケガに繋がる元だから大事なこと。
今日は石頭(ハンマー)の破片がズボンを突き破って脛の肉深くまで刺さった!メンテナンスしていてもたまに起こる。
気を付けていこう。

DSC_2087 (640x480).jpg

DSC_2090 (640x480).jpg

常に道具はメンテナンスしておかないとねっ!
いい
DSC_2085 (480x640).jpg
既存の石積みに合わせないといけないから結構大変(汗)でした。

今年3月に完成した庭の管理

  • 2014.08.12 Tuesday
  • 07:41
 お盆休み前の最終現場は昨年と今年に作庭した地元寒川のM様邸。

DSCF7696 (640x480).jpg

「神々の住まう峰々」と題して作庭した場所。サツキも勢い良く伸びている。

DSCF7697 (640x480).jpg

そして中庭の「輪廻・・鎮魂庭」というテーマで作庭した場所。

DSCF7700 (640x480).jpg

ドウダンツツジの生垣も

DSCF7725 (640x480).jpg

透かし剪定で仕上げる。場所によって剪定技術を使い分けることも重要です。

DSCF7710 (640x480).jpg

手入れの終えた中庭です。

DSCF7705 (480x640).jpg

ハイゴケとフタリシズカが素敵な景色を生み出しています。真鶴町の亀川さんの一石五輪塔もやっぱり良い!!空間がぐっと締まる!

DSCF7711 (640x480).jpg

枯れ滝と流れ。

DSCF7706 (640x480).jpg

主庭のゴヨウマツの手入れ。毎日暑い・・・久々の仕事中の私。

DSCF7728 (640x480).jpg

スタッフ総出で手入れ。

DSCF7729 (640x480).jpg

ちっちゃいおっちゃん33歳の祐樹も真剣に手入れを私から学ぶ。

DSCF7730 (640x632).jpg

19歳の唯人・・・・・・・コイツはお仕置きだな!(怒)ふざけ過ぎだな・・・・。

唯人のお父さんは私と同じ寒川町で庭師をしている。是非このブログを親父さんに見てもらって仕事中にふざけまくる唯人君を注意してもらおう(笑)

先日の柿渋つくりの折、私は用事があり途中で帰宅したのですが、私が置き場から去って10分後には唯人はこんなになっていましたと祐樹から画像報告が・・・・。


えっ!!!????何してんのコイツ???


おいおい!!!俺がいなくなると直ぐにこれか・・・・・・・・・。

柿渋飲ませるしかないな・・・・・・・・。

後の処置は唯人のご両親に任せるか・・・・・・・・・・(笑)

木橋を設置

  • 2014.06.08 Sunday
  • 08:29
先日、愛弟子の佑樹に作らせた木橋を無事に鳳勝寺さんの中庭に納めた。




この庭も作庭から2年半が経ち、凄く落ち着く庭へなった。



ブログ久しぶりに更新

  • 2014.06.03 Tuesday
  • 07:34
海老名市の禅寺に造った中庭の木橋を交換するために丸太から木橋を作る。


右側が古い木橋。



この太さでギリギリ。



チーンソーで形成していきます。



佑樹はチーンソーの扱いが私より上手い!流石に元林業の職人。



私の指導の下、的確に削る。



私は手伝いません。手出しをしないで愛弟子にものつくりの達成感を感じてもらう。



そして、完成です(^_^)v



側面も美しく!

木橋が新しくなった。

揚戸

  • 2014.04.25 Friday
  • 20:39
今日は鳳勝寺さんで揚戸の作成。
2月の大雪で壊れてしまったので作り直した。

DSC_0719 (640x480).jpg

百日紅の細い枝を使う。庭の雰囲気に合う様に。



壊れた以前の揚戸。当時の愛弟子だった西窪さんの作品。

DSC_0721 (640x480).jpg

今の愛弟子の二人が先輩の後を追う。

私も当時を振り返って懐かしい気持ちになりました。



竹の割り方から厳しく指導する。

DSC_0728 (480x640).jpg

唯人と佑樹、彼らにも庭師の心と矜持を伝えての作業。

1日掛けて本質から叩き込む。

DSC_0727 (473x640).jpg

でも、おちゃらける唯人(笑)

二人で試行錯誤して魂を込める。

DSC_0730 (480x640).jpg

時間が推す…。でも、今はそれでいい。

職人を育てるのは時間が必要だから。

DSC_0733 (480x640).jpg

出来上がり♪

皆で眺めて今日の仕事を振り返り、心を投影したものつくりを感じる。
とても大切なこと。

DSC_0734 (480x640).jpg

その場に合ったものつくり。此れからも俺らはそうしていく。

DSC_0735 (480x640).jpg

庭師が庭師で在るために。

引き続き藤棚の準備

  • 2014.03.14 Friday
  • 12:14
本日も置き場で栗丸太のきざみ。

柱に仕口を設けたりしている。



余り金物を使ってのものつくりは好きじゃない自分。

地元の造園屋さんなんかは、出来合いの柱を買ってきて建て込んで金具で止めて終いが多い。

俺はこれからも青い炎を身に纏い、凍てつく視線でそんな業者を見つめていくぜっ!

モノを造り出す職人の矜持を示していきたい。そして、この業界の底上げに少しでも貢献していく。

自分らの世界は自分らで死守していかなきゃな♪



先ほど寒川の現場を見てきた。会長も頑張ってくれている。瓦も乗ると、雰囲気でてきます。

ナグリ仕上げ作業中。

  • 2014.03.13 Thursday
  • 15:06
本日は雨の中、栗丸太をチョウナでナグリ仕上げしている。

唯人と二人でガツガツ仕上げる。

ひと手間掛けて、庭師らしい藤棚へと仕上げる。

ラストスパート!!

  • 2014.02.27 Thursday
  • 21:07
 残りの城積みは5m。

現場を上がったはずの小田原の庭師:相田さんと、藤沢の庭師:犬塚さんが私の現場を心配して今週も駆けつけてくれた!!!

心から嬉しい!!もうずっとこの現場は朝7時から夜は10時ごろまで作業している。

それでも文句も言わず積み上げてくれている、庭師仲間に大感謝。

DSCF6004 (500x375).jpg

相田さんと犬塚さんです。

DSCF6003 (500x375).jpg

ミスター・ストイックの犬塚さんの後姿じゃない写真が漸く撮れました!!(笑)

DSCF6005 (500x375).jpg

私が担当していた”算木積み”部分。かなり時間が掛かるけれど、仕上がりは良い!!そして毎日城積みの難易度を噛み締める。

DSCF6007 (500x375).jpg

今が踏ん張りどころ!!昨日も夜9時半ゴロまで働いた。

なんにしても残りは僅かだ!!気合を入れなきゃですね。

城石積み工事20m完成

  • 2014.02.27 Thursday
  • 21:01
 さてさて、漸く月曜日には20mの城積み部分が完成しました。

残りは反対側の5m。

DSC_0504 (500x375).jpg

天端の石も積み終わった!!

DSC_0503 (500x375).jpg

亀川石材の亀川さんに彫ってもらった野仏さんも何気なく、でも良い存在感で城積みの中へ。

DSC_0507 (500x375).jpg

本日の雨の中の完成した城積み。

この上に瓦塀が出来ます。完成が楽しみだ。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM