京都滞在2日目から

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 20:56

1日目の夕方に無事に妻と合流。

 

何の予定も立てていない私達、まだお正月休み中なので京都市内のいつもの定宿へ宿泊。もちろんワンコOKの宿。ありがたい。

 

2日目は京都のお隣、滋賀県へ。穴太衆積みの里、坂本へ。そこで私の感性に響く庭に出会う。

 

81785320_2704650779614945_800217467409399808_n.jpg

 

旧竹林院さんがそれです。何が良いのかというと、”野すじ”穏やかな流れと浅い水位。そして苔の美しさと、空間のバランス。本当に久しぶりに、この庭と出会って良かったと思えました。

 

82129223_2704650926281597_4327987734716088320_n.jpg

 

kk.jpg

 

その後、以前京都に来たときに寄りたかった瓦ミュージアムさんへ。

1月3日から京都へ

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 20:46

年末から妻は実家の京都:天橋立の近くへ帰省。

 

私は大晦日と新年2日までは自宅でダラダラしていましたが、3日の朝に京都市内まで妻を迎えに車で小旅行。

 

折角京都まで行くなら、庭を見ない手は無い。

 

愛犬ルークとエマも勿論一緒なので長時間は無理ですが、短時間なら駐車場で車の中でお留守番させて、庭の拝観。

 

81458002_2702751626471527_7578995321695371264_n.jpg

 

行きたかった京都・宇治市の酬恩庵(一休寺)さんへ。

 

私の叔父は臨済宗大徳寺派の禅僧(今は妙心寺派へ転派しています)なので一休禅師には関わりがある。そして私もこの風狂な禅僧が大好き。どうしても行きたいお寺だったので見てきました。

 

82041160_2702751849804838_4661601239283269632_n.jpg

 

良い感じ!!!来て良かった!本当に凛とした空間。陵墓も見られたし云うこと無し。しばし広縁に腰を下ろして瞑想。

 

自分はここ数年本当に仏縁に恵まれている。昨年も大きな庭園工事を臨済宗寺院でさせて頂きましたが、今年も同じく臨済宗寺院さんで庭造りの予定がある。そんなわけでこの酬恩庵さんでも今までと、これからの仏縁に感謝し、参拝、回向してきました。

 

81168560_2702752616471428_2266364692031078400_n.jpg

 

その後は時間ギリギリで宇治:平等院鳳凰堂へ。最後にここに来たのは中学生の頃の30年前。

 

お堂は綺麗になり(綺麗すぎておもちゃみたい)池には鯉も居なくなり、境内の整備も綺麗になっており、なんとなくありがたみなどはみじんも感じることが出来なかった。整備するのも良いけれど、趣って大事だと思う。

 

でも、護岸石組みがオリジナルの州浜になってから来るのは初めてだったし、変わった事も肌で感じれて良かった。

明けましておめでとうございます。

  • 2020.01.02 Thursday
  • 10:32

明けましておめでとうございます。

 

昨年も皆様に支えられ、このブログを少しづつですが更新していくことが出来ました。

 

81271186_2697782443635112_8359502101851668480_n.jpg

 

令和二年も引き続き皆様の温かいご支援を賜りたいと存じます。

 

よろしくお願い致します。

 

今年は平塚市の禅寺にて庭造りも始まります。気合い全開で頑張ります!!

今日ですべての業務終了。

  • 2019.12.30 Monday
  • 18:10

ふぃー。やっと今日、全ての業務が終わりました。

今年は箱根の庭作りから始まり、禅寺での石積み、イタリアに花見に出かけ、アメリカのシカゴへ行き、フランスで日本庭園セミナーの講師して、イタリアへ再び庭作りへ行き、その間にも色んな国のガーデナーや友人達が我が家を訪れ共に働き、プライベートでも石川県へ旅行して、キャンプに三回行って。


枯山水の庭造って。あっという間に一年が終わりました。あー疲れたけど日々是好日でした。



オリジナルの水鉢をコツコツと創る。

  • 2019.12.15 Sunday
  • 20:16

先日のブログでGoくんが水鉢を彫っているという記事をあげましたが、その後私がチェックして少し形を変更しました。

 

20191206_2347270.jpg

 

以前の記事。GOくんもノミの使い方が分かってきた様子ですが、まだまだプロフェッショナルな庭師として作品を彫るという仕事までは到達していない。当たり前だけど。だから親方である私が見本を見せる。いつもそうですが、従業員を育てて行くには親方がしっかりと背中を見せていくのが近道だと思う。そんなわけでGOくんはいつも私から指導を受け続けています。少しずつ理解してきている。

 

DSC_1068.JPG

 

置き場でコツコツGoくんが彫った水鉢。少し私が修正を掛ける。このままじゃ、何処にでもある水鉢。ただ彫っただけ。よく見る形。

 

DSC_1165.JPG

 

現代住宅に調和するようにモダンな形に変えていく。

六角形の長辺を削り落として”Stella"型に。Stellaはイタリア語で星という意味です。

削り落とした場所は鏡面仕上げにしました。星は輝くものだし、水を蓄えてさらに輝くだろう!!

庭師の星くんが、星形の水鉢を作る(笑)

お金掛けて良い物を揃えるのでは無く、工夫(元々は仏教用語です)をして今に生きるものを創る。

これもまた庭師が庭師で在るために。

 

DSC_1168.JPG

 

とりあえず90%完成かな。さてさて、何処のお庭に使われるのか・・・・楽しみです!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM