庭園協会神奈川県支部の講習会

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 14:16


神奈川県支部の桂穂垣の講師を務めさせて頂きました。


全国から50名の庭師が集まり、竹穂垣の最高難度の桂穂垣が無事に完成致しました。



講習会とは思えないクオリティーの高い仕上がりに。



今回施工した桂穂垣は桂離宮にある、本歌(オリジナル)の工法。


巷でよく目にするこのタイプの垣根はほとんどがパネル式に竹を編んで表面に張り付けるタイプですが、本歌は枝穂を一本一本を右穂、左穂に捌いて市松模様に丁寧に根気よくかきつける。


気の遠くなる仕事。


段取りから考えると途方もない手間が掛かります。


竹藪から竹を切り出し、穂を落とし、葉を落とし、節を揃える。中に詰める"あんこ"もとんでもない時間と根気が求められます。


しかし、この幻の垣根とも呼ばれる本歌仕様の桂穂垣は皆様の力で施工されました。


私の持てる全ての技術と勘所を伝授させて頂きました。

コメント
茨城の庭師さんこんばんは。
コメントありがとうございます。
すっかりブログの方は更新しておらずすみません。
ブログネタは沢山有るのですが(笑)なかなかFacebookの様に簡単には投稿できなくて。画像の処理やらなんやら。
少しずつ更新していきますので、しばらくおまちを。
感謝。
  • 霧島宏海
  • 2020/04/27 11:12 PM
いつも拝見し、勉強させて頂いてます。

更新を楽しみに日々の励みにしてます。

影ながら応援してます。

こんな時代ですから、くれぐれもご自愛ください。
  • 茨城の庭師
  • 2020/04/27 6:18 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM