フランスでのワークショップ

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 14:49

フランスから帰宅して早1ヶ月が経過してしまいました。

その間のに全く記事を更新しておらず申し訳ありませんでした。

これから少しづつフランスでの活動を綴っていきたいと思う。

今回のフランスでの活動は同じ神奈川県の庭師で庭園協会でも一緒に活動している仲間、(株)米山庭苑の米山拓未さんとの共同プロジェクトです。昨年6月に米山さんがフランスの同じ場所で日本庭園の要素を多く含む庭を作庭して頂き、今回の私のセミナーに繋いでくれました。

 

 

上の写真は今回のセミナー後に書いた計画案の図面です。真ん中の四角い囲いの中が昨年の米山さんが施工してくれた場所です。

今回の私のセミナー写真の右下側の2種類の枯れ滝とあられこぼしの園路、御簾垣と大津垣でした。

 

30822426_392493094560204_4130975389307408456_o.jpg

 

日本にはない重機で掘削します。この重機欲しいぃぃぃぃぃ。

 

30425432_392493457893501_3698831011383298289_o.jpg

 

まずは現場の土手になっている場所の掘削。日本の庭は地形を活かすことが一番です。この土が積み上げられただけの土手に日本庭園を作っていきます。

 

30420498_392493721226808_6532541439810025047_o.jpg

 

奥の石が今回使う石。今回用意してもらったのはこの石だけです。他は何もありません。植木も灯籠も水鉢も庭木も。これでも日本庭園は造れることをフランス人の庭師に証明することが大切だと思ったからです。

 

30806163_392493557893491_2754162782631012309_o.jpg

 

毎日施工の前には図面を見ながら、日本庭園の技術を教え、参加者達に伝えていきます。

 

31343808_392494134560100_643957902494364321_o.jpg

 

自然の流れの特徴を捉えつつ、石の表情を見定めて1つ1つ据え付けていきます。

 

30806034_392494254560088_5579740416886081677_o.jpg

 

2日間で枯れ滝石組みが完了。こちら側は荒々しい”男滝”です。

 

30171731_392494374560076_6213711002292570687_o.jpg

 

こちらは土手の裾野を穏やかに流れる”女滝”です。

 

30821176_392516817891165_3979044128251370657_o.jpg

 

滝が終わったら同時並行して準備していた竹垣。

 

31711058_392524237890423_7042096087353170228_n.jpg

 

シュロ縄の結び方”男結び”を受講者全員に何度も何度も練習してもらう。

 

31576948_1793248824046717_8023250847414616064_n.jpg

 

殆どの作業は受講者に任せる形で行い、私は常にサポートと指示と見本を示すスタンス。イタリアもフランスもこのスタンスをすることで受講者のレベルが上がります。

 

31093298_1696681780411855_4624582121590095872_n.jpg31084305_1696681480411885_8185044039276429312_n.jpg31069052_1696682337078466_1214245369781682176_n.jpg31059566_1696682447078455_7396810750393581568_n.jpg31064336_1696681827078517_8428770273544634368_n.jpg

 

この場所に生えていた森の木とスギゴケを採取して植えました。

あくまでも自然に。

 

31298452_1700643260015707_959414952836202496_n.jpg

 

今回のワークショップに参加したみんな。全員フランスで日本庭園を造る庭師さん。そんなプロを相手に感動できるものつくりが出来て良かった。

 

31100498_1696682080411825_605430517168340992_n.jpg

 

初のフランスでの活動でしたが、イタリアと変わらずみんな良い人々。場所もパリ郊外の古城の中。ロケーションはイタリアより最高だよ。

 

31068978_1697079913705375_203912535974346752_n.jpg

 

最終日の空港までの帰りにヴェルサイユ宮殿の庭に僅か25分だけ寄って観光終了(笑)

仕事で来てるんだからこれでいい!!

 

観光するより次回への準備を進めたい!次回は10月に米山さんの番が始まる。俺はまた来年です。

 

以下の写真は今回のセミナーの完成写真と、昨年米山さんが作った場所の現在の姿。

 

これからこの場所をどんどん変えていくよ!最強!最凶?タッグでね!(笑)

 

30743916_1696681967078503_4236050772879474688_n.jpg30762810_1696682207078479_1099162150582091776_n.jpg30728882_1696682003745166_383098180721442816_n.jpg30712180_1696682270411806_2979569171450298368_n.jpg

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM