東京都国立市での作庭工事

  • 2017.08.26 Saturday
  • 05:30

弊社は夏期休暇が終わり、先週から作庭工事に入りました。


今回の工事は古典的な枯山水庭園です。


この様な古典的な庭園は海外の方に日本庭園の技術を伝えるには良い機会かもしれません。


ここ数年は様々な国の方も私に興味を持ってくださり、色々と情報交換してきました。


改めて海外に於ける日本庭園の関心は高いのだなぁと感心。しかし、同時にマテリアル(素材)に頼った作庭をしているのも海外の造園家の(日本庭園を造る人)特徴かもと危惧してならない。もちろん素晴らしく日本の心を理解している作庭家もいます。


私はその様な人達に積極的にコミュニケーションをとって、少しでも”日本文化が正しく伝わって欲しい”と願い、根気よく話をしたり、イタリアの講師に就任している学校で教鞭をふるっています。


ですが多くの日本庭園を手がける海外の造園家は、やはり日本庭園の的確な情報が少ないだけなのだと気付かされる。ちゃんと日本の庭を作りたいが、指導者が少なすぎるだけなんです。


私は自分自身の庭師としての生き方も重要と考えているけれど、俺はこれからの世代に”紡ぐ”ことも重要だと思うし、海外に於いても、もっともっとこの”庭師の道”・”庭園文化・日本文化”を日本人として的確に伝えたいと思っている。


それが俺のライフワークと位置づけている。


一生をかけて、俺はこの世界の底上げに尽力するし、多くの一般の方に”庭師の生き様”を見て欲しいと願っている。


自分の作風なんて自分では意識もしないし、作風などというものに左右されないゆるぎない信念もある!


俺は俺らしく、これからも”無理の無い調和した、何気ないけれどなんだか良いなぁという空間”を作っていく。


日本人として、日本人の感性に響く空間。それは時代によって異なるけれど、”今の日本人の感性にも響く空間”を作っていければと思う。


その為にも先人たちの技術や心を学び、自己を究明し、他分野の”美”に対する見識を深め、日々勉強し、向上心・探究心・研究心を持ち、どんな時も好奇心をもって生きていこうと思う。


これからも海外でも積極的に作庭活動をして行こうとも思う。


先ずは来月にイタリアにて少し、”新しい試みな一歩”を踏み出そうと思う。


途方もない夢物語だろうきっと。でも俺は踏み出す”勇気”だけは持っている。


出来ない理由を述べるなら、俺は出来る理由を恥ずかしげも無く語るだろう!


「私はどうやって日々のモチベーションを保っているのか?」


私はこう答えます。「自分がなぜ今、この地に降り立ったのか、なぜこの道を選んだのか、私は初心を決して忘れない!そして、私の背中を見てくれる愛弟子が居る。私の元で修行を終えた元愛弟子も元気に庭師の道を歩んでいけている。それらが私の力になり私はいつも前を向き歩ける理由だし、モチベーションを保つのではなく、毎日をただ大切に過しているだけです」ってね。


俺は有名でもなければ、なんでもない只の町の植木屋さんです。でも、俺はそんな一人の職人として"当たり前の職人としての生き様”を皆さんに対して色々な媒体を通じて伝えていきます。


下を向くよりも、前を向いて口角上げて、にっこり、ホッコリとキープ・スマイル!!


そう、だから俺はどんな時も人に問われればこう答えるだろう


「日々是好日!!」ってね!!


そんな感じで東京都国立市の作庭工事はスタートしてます!


行くぜっ!霧島宏海

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM