伊勢原市の臨済宗寺院:福智山 能満寺さんでの仕事

  • 2017.07.15 Saturday
  • 20:36

先週の木曜日より伊勢原市にある禅宗寺院にて樹木葬に伴う修景工事をしておりました。

 

今回から初のお付き合いになるお寺様です。

 

当初は樹木葬の場所までの園路のみという工事内容でしたが、思ったよりも場所に高低差が生じたため、弊社で石積みをして修景してはいかがなものかとご提案させていただき今回の工事になりました。

 

DSC_1649.JPG

 

工事施工前の樹木葬の場所です。

 

DSC_1648.JPG

 

高低差が出来たこの場所に石積みをしていきます。

 

DSC_1653.JPG

 

同時に園路工事の基礎工事もしていきました。

 

DSC_1654.JPG

 

工事乗り込みから上の写真まで3日間です。今後の作業工程を考えるとスピードある施工が望まれました。

 

DSC_1664.JPG

 

今回使った石も、いつもと同じく神奈川県の地元の石材の赤ボサ石。

真鶴町産出の石です。亀川石材産にはいつもお世話になっております。

 

DSC_1665.JPG

 

今年の初めに海老名市鳳勝寺さんでの大きな石積み経験からか、私の石を積むスピードも格段に上がりました。

 

DSC_1666.JPG

 

パウマンも勿論成長しています。石積みを何も言わなくても積んでこれるようになっています。

 

新入社員の真(まこ)ちゃんも一生懸命に私たちから石積みの基礎を学びながら必死に食らいついてきます。

 

良い感じです。妻も必死に石積みをします!やるからには真剣にといっていましたが、本当に真剣に石と向き合い積み上げておりました!そう、庭匠霧島のスタッフは常に向上心を持ち技術と心のさらなる高みを目指しています。

 

DSC_1670.JPG

 

石積み11.5mも2日半で積み終わりました。今回の施工もセメントは使っておりません。

 

DSC_1695.JPG

 

そして園路工事の基礎コンクリート打ち!斜面の土もすべて振るい掛けをして美しく仕上がるように!これも私たちの拘り。

 

DSC_1697.JPG

 

真砂土を使った洗い出し園路の仕上げ。

 

DSC_1700.JPG

 

いつもお世話になっている仕入れ先の藤沢市の熊山園(私の同級生です)さんから購入した沙羅双樹を植えて。

 

DSC_1707.JPG

 

沙羅双樹の下は乾燥を防ぐためにタマリュウを植栽。石積みと納骨場(黒い枡)と石積みの間はマルチング材のウッドチップ。

ウッドチップ下は浮き防止と排水性を良くするために砕石で構成。

 

DSC_1705.JPG

 

和尚様にも大変喜んでいただけた中、完成いたしました。

 

素敵な樹木葬の場所になったと思います。

 

庭匠霧島は常に”お客様の想像を超える手仕事”をモットーに湘南地域から県内全域、そして関東圏内、はたまた日本全国へご依頼があればお伺いします!

 

社長の私は日本の垣根を越えて世界へ日本の庭園文化を伝える活動もしていきます。

 

それが有限会社 庭匠霧島です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM