フランスでワークショップをします。

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 15:31


イタリアでの受講者の中にフランス人のオリビエという人がいて、彼はフランスで日本庭園を造る仕事をしているのですが、彼がイタリアで私がやっている日本庭園の授業みたいなことをフランスでもやりたい、企画したいと言ってきました。今年の初めに私よりも先に同じ神奈川県で庭師をしている仲間で、私が個人的にライバル視している(笑)横浜市金沢区の米山庭苑の米山拓未さんにオファーをしていました。

米山さんはお互いにまだ駆け出しの頃に日本庭園協会神奈川県支部で若手庭師集団:"庭盛会"を立ち上げた創設メンバーの方です。


そんな彼が私とタッグを組まないかとお誘いがあったのが今回のワークショップのきっかけ。


しかし、私と米山さんはいわば"水と油"の作風であり、庭造りのスタンスも違う。


米山さんは"庭はロックンロール"というが、私は"庭はクラシック"というくらい二人の個性は違う(笑)


神奈川県支部ではお互いに"攻めの姿勢の庭師"で異端児扱いされる点では同じ(笑)


特に馴れ合いもせず、ここ10年間は二人で酒を酌み交わす仲では全くなかった二人。


でもお互い意識してたと思うし、刺激は貰っていた。


そんなか彼が私とタッグを組もうとのお誘い!


正直誘いがあった時は本当にビックリしたし、困惑もしましたが、同時にワクワクが止まらなかった!(笑)


同じ神奈川県支部の仲間がこのタッグを知ったらさぞかし腰を抜かす位に驚くだろうなと想像したり(笑)


だって、俺と米山さんとは、めちゃくちゃ仲が悪いと思われている位。

会っても喧嘩のような雰囲気になるし、二人の個性は強すぎていて真逆だから。


そんな二人の個性派庭師が同じ志で海外に打って出ることになった!


ある意味、"最凶で最強"歯車が合えば海外でも敵無しだもの(笑)


オリビエがまず最初に選んだ米山さんは本当に素晴らしい庭師だと私は思うし、オリビエは偶然なのか彼を選んでくれて良かった!

いや、きっと必然だったんだろう。


神奈川県支部で副支部長の米山さん

庭園協会の評議員になった私。

どちらも若手を引っ張っていく立場にいる。そしてどちらも海外でも物怖じすることなど無いウチら。


最強タッグで今年からフランスで暴れてきます!(笑)


まずは米山さんが5月にガツンと5日間ワークショップをして、バトンを渡して貰って7月に私が4日間ガツンとやってきます!



そんなうちらの紹介プロフィールが出来たので紹介します。勿論全部フランス語です。


米山さんのプロフィール!


私のプロフィール!


そしてフランス人のオリビエのプロフィール!


この三人でフランスから日本庭園の技術と魂を発信してきます!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM