久良岐公園能舞台の垣根その3 光悦寺垣もグレードアップ!

  • 2017.01.14 Saturday
  • 21:01

黒穂の後は光悦寺垣

 

元々作った人の骨組みが鉄製で残っていたので案外簡単にいくと思ったら大間違いでした(苦笑)

 

これがいつも自分の作る光悦寺垣と違った作り方を為なければならなかったので、思っていた以上に時間が掛かってしまい2日半もの時間を有してしまいました。これくらいなら2日間でやらなきゃ・・・・・。

IMG_0010.jpg

 

前回の施工した方は玉縁の細割りの数が24本でしたが、弊社では今回48分割しました。

これくらい細かい方が見た目が美しいかなって。これ以上細かいと今度は”ウルさく”なってきます。

 

 

15994874_1252251968188174_150860484914678294_o.jpg

 

既存の水琴窟の設置してある水鉢と光悦寺垣。”透かし垣!”いいものですよね。

 

15994551_1252251921521512_4940694217122727395_o.jpg

 

斜め前からの眺め。最後の結束などに特徴があったり、人によって仕上げ方が違ったりで個性を出します。

 

15994494_1252251864854851_7946704317124300827_o.jpg

 

前回の方が作った光悦寺垣よりも玉縁は太く立派に。自分はこれくらい太いのが好きです。

 

15977560_1252251844854853_4704107222325852456_n.jpg

 

留め飾り結びもオシャレにしましょう。

 

本当に毎日がめまぐるしく過ぎましたが、実質6日半で建仁寺垣2種類に黒穂垣、光悦垣、建仁寺垣脇の木賊張りの木戸の竹も交換依頼。ということで5種類の垣根を新年からさせて頂けました!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM