網代垣の作り方その

  • 2016.02.05 Friday
  • 10:43
2月1日より袖垣を作っておりました。

先日の事、海老名市鳳勝寺さんで筧(水鉢に水を流す竹製に筒)の交換を依頼されたので施工しようとしましたが、その脇の袖垣の腐食が酷く袖垣の交換をしてみてはと提案させていただきました。すると住職様が即答で「んじゃ、交換して」と嬉しいお言葉を頂施工することに。

DSC_0786 (640x360).jpg

施工前の鉢前の景色。市販されている袖垣が腐食。これは弊社がここ鳳勝寺さんに出入させていただく前から存在していた垣根です。

さて、では新しい垣根をどうしようかなぁと思案。勿論竹屋さんで売っている市販品を取り付けることも出来ますが、庭匠霧島は庭師の会社です。可能な限りは市販品は使いたくない。お弟子さんの勉強にもなりませんしね。

そこで竹屋さんに材料を仕入れに行ってから決めることに。

太竹がたくさん売っていたので、「ひしぎ垣」を制作しようと決め、ある程度太い竹を5本購入して鳳勝寺さんへ戻り竹を磨く。

DSC_0792 (640x360).jpg

ひしぎ垣を作ろうとせっせと竹を磨いていく。今回は急遽急いで袖垣を作成しなければいけないので(もう午後3時になっていた為)真鍮ブラシで竹を磨く、まぁ、籾殻ほど汚れは早く取れませんが、現代ではこれが主流になりつつあるのかな・・・。でもウチは平行して籾殻を使うことを辞めたくはない(籾殻で研くと艶が出るような気がします)

DSC_0793 (640x360).jpg

さて、そして研き終わった。ここまでが当日(1日)作業。

DSC_0794 (640x360).jpg

ひしぎ垣を作る予定でしたが、ひしぎ垣は出来上がりが結構あっさりでシンプル。袖垣にするとちょっと面白みにかけるかな・・・って考えていましたので、急遽朝一番で「網代垣」に変更することに!

DSC_0797 (640x360).jpg

竹を菊割と鉈で割り、節を飛ばす。ここまではあっという間です。

しかしここからが地道な作業となります。

続きはその△如
 
コメント
パウちゃんがんばれ〜!
磨くときは素手なんですね^^
  • ひろ
  • 2016/02/05 11:17 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM