愛弟子達と庭園を廻る旅へ・・・その1

  • 2015.02.13 Friday
  • 12:47
一昨日の祭日に仕事を中断して愛弟子ちゃん達と庭園を廻る旅に行ってきました。

庭とお寺との関わり、禅宗寺院と庭、地方の庭の特色。そこに住まう人々と庭との関わり。

庭師として、庭とどうやって関わっていくかなど、もう一度考えてもらう為に企画。

と言っても日帰りということで、隣の県:静岡県静岡市周辺の禅宗寺院を中心に廻りました。

DSC_3398 (640x480).jpg

初めに訪れたのは臨済宗妙心寺派の寺院、竹細工で有名な天柱山 吐月峰柴屋寺(てんちゅうさん とげっぽう さいおくじ)

DSC_3390 (640x480).jpg

国の名勝・史跡に指定されている枯山水庭園があります。その他にも寺の名前の様に月を眺める”月見石”や北斗七星の形を模した池などがありました。禅宗寺院らしい簡素で閑寂なお寺でありました。

DSC_3394 (640x480).jpg

祐樹と唯人も禅寺の雰囲気を感じている。

次に訪れたのは、柴屋寺から程近い臨済宗妙心寺派の聖願寺さん。

写真は有りませんが、本堂裏に山を背負うかたちで築庭されていました。深山ツツジが斜面に植えられ池とツツジが中心の典型的な寺庭。現在は一般公開していないのですが、丁度庭師さんが出入していたのでお声掛けをさせてもらい住職さんの許可を頂拝観することが出来ました。

住職様と30分ほど、禅と庭について、禅とは何か?など大変貴重なお話をしていただけました。ありがたいことです。

今回の旅で、私が一番良かったと感じた出来事でした。

次に訪れたのは私が一度は訪れたかった禅宗寺院。臨済宗妙心寺派の専門修行道場 大竜山 臨済寺さん。


DSC_3405 (640x480).jpg

ここはとっても緊張感に満ち溢れた寺院です。さすが雲水(修行僧)さんが修行するお寺です。門構えから雰囲気が伝わる。

DSC_3408 (640x480).jpg

山門をくぐってからの眺めがこれ。階段もこの幅だと荘厳な景色だ。

DSC_3410 (480x640).jpg

私が注目したのは他でもないこの本堂前の参道の敷石!!なんと美しいことか。

DSC_3411 (640x480).jpg

写真では判り辛いのですが、真ん中が高くなり”むくり”がつけられているのですが、このむくりがとってもとっても素晴らしい曲線なんです!そしてこの石たちの表情!!賞賛に値します。いつか自分も寺の参道をこのように石畳で作りたいものです!!
最近特にこの”伝い”に自分の中で課題を設けて取組んでいる。道は只の道にあらず。極めるには相当の覚悟が必要なのは至極当然。寺にはこういった”伝い”がいいと感じる。

DSC_3413 (640x480).jpg

数日前に本堂のこけら葺きも完成していました!美しい・・・只只美しい。

この大方丈は国の重要文化財であり、庭園は国の名勝庭園です。

しかしながら春と秋の特別公開以外は禅宗の専門道場という関係で拝観謝絶です。残念。

春の特別公開にもう一度訪ねたい。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM