木を切りに来たのではなく、庭の手入れに来ています。

  • 2014.09.29 Monday
  • 10:49
 先週は霊園の管理に行っておりました。

DSCF8448 (640x480).jpg

横浜市青葉区奈良町にある霊園:合掌の杜 緑山霊園

弊社はここをほぼ毎月来ていますが、先週は事務所前の緑地帯の剪定作業でした。

愛弟子ちゃん2人には手入れとは何かを授けたりしておりました。

そんな中、何度か私の逆鱗に触れるようなことも(苦笑)まぁ私は常日頃から”技術”面で弟子を叱ることはないと思う。

でも、枝の切り口や処理の仕方、植物への言葉使いなどがおおよそ植物を扱う者として間違っていれば私は叱咤する。

下記に順を追って説明すると。

枝の切り口 → キチンと枝元で形成層を壊さないところで枝を外す。

処理の仕方 → いつも刃物を研ぎ切れ味を良くすることが植物の治癒能力を手助けする。

植物への言葉使い → これは非常に大事。植物は生物であり、唯一この地球上に於いて光合成によって生物の絶対条件の”酸素”を作り出し、且つ、大気を浄化してくれている。そんな彼らに敬意を払い、仕事に徹する。

もう少し掘り下げると、私的な庭師のモットーは「植物の声なき声に耳を傾け、その姿をとどめるように務めよ!植物は聴いているだ私らの声をっ」です。

ですから「おー、あの枝ぶった切ってこいよぉ!」とか、

「邪魔だから切っちまおう」なんて言ったら、植物は本当に悲しむと思う。

だから、日頃からなるべく言葉にしても植物の前では「切るじゃなく、外す」と言う。

いや、そんなことは幻想なのかもしれません。しかし、植物を扱う私達植木屋がその"心”までも無くしてしまったらそれはもう、植物を扱う資格がないじゃないですか。

だから、私は愛弟子さんには

”切る枝”を見て剪定してはいけない。”残す枝”をみて枝を外しなさい」という。

そして、「今登っている樹木を切りに来たわけじゃないよっ!俺達はこの場所場所に合った空間の手入れに来ているんだぞっ!」って伝える。

兎角植木屋さんは木を切るのが仕事に思われる。同業者の間でも「剪定技術」に対して目を奪われがちです。でも本当はそんな主張しないで良いんです。剪定する必要がない状態と判断すれば切らないこともまた剪定なのですから。

普通にそこに在ればいいのです。それでも植物は私達に”酸素”を作ってくれます。風景の片隅や何気ない存在で癒してくれます。

だからせめて私達は「声なき声に耳を傾ける」ことを忘れないようにしたい。

私の愛弟子達にもこの職業で一番大切なこと、「植物を愛する」を大切にして欲しい。

DSCF8456 (640x480).jpg

剪定後の姿です。

DSCF8452 (640x480).jpg

そして、写真中央より左の菩提樹の木。これは今回剪定せずにそのままにしました。

ねっ?剪定しなくともちっとも変じゃないでしょ?

慈しむ心はきっと植物にも伝わるはず!
コメント
こんにちわ植木屋魂さん
ブログへの賛同ありがとうございます。
お言葉遣いが怖いですが(笑)庭師ってそうありたいですよね!。
色んな植木屋さんが居ていいけれど、それでも私達”造園業”は生物という命を扱っている。そして、言葉を発することが出来ないし、表情も無い(葉色とかで信号は出しますが)

植物は自分達で移動できる動物ではないけれど、きっと何かを感じているし、何かを発していると思う。

そう思うとむげに扱うことは出来ないし、そんな職業に携われて幸せを感じております。

コメントありがとうございました。
  • 霧島宏海
  • 2014/09/30 10:42 AM
その通りです! やたらめったらブツブツにしたり切り口にユゴウ材ぬらなかったり人間も植物も同じです! 慈しみの心を持ってせっしなければ植木屋じゃない!金だけもらえばなんでもいいなら今すぐ植木屋やめちまえ! 俺も霧島さんと同じです! 植物苛めていたら絶対自分に返ってくると信じてます 心は常に優しく優しく! 金儲けのうまい口先だけのニワカ庭師に言ってやるぜ! テメーら何を生き甲斐にこの世界にいるんだ? 人々の記憶に残る仕事をしてみろってんだ馬鹿野郎! 熱くなってすみません!!
  • 植木屋魂
  • 2014/09/29 8:18 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM