弟子を連れ、三渓園へ

  • 2014.05.23 Friday
  • 21:34
 先日、本牧での仕事も午前中で終わったので、この現場から200mほどで近代での三大数寄者の一人、原富太郎(原 三渓)の造営した”横浜 三渓園”へ弟子たちを連れて行きました。

DSCF6592 (640x480).jpg

原三渓の自邸

DSCF6597 (640x480).jpg

私はここ三渓園は10回目くらい。東の桂離宮と称される建築群も魅力のひとつ。

祐樹は初めてだそうで、唯人は2回目。

DSCF6602 (640x444).jpg

庭園の見方や、日本建築の見方。今と昔の庭の移り変わり、庭と建物の距離感。

お寺の時代ごとの造りの違いや、茶室・茶庭の事などなど、駆け出しの庭師にも、私達中堅庭師にもとても勉強になる場所。

弟子達にはそれらを踏まえての、即席講座。

たまには厳しい私です。

DSCF6620 (640x480).jpg

でも唯人はいつでも少年のこころを忘れない(笑)出世観音にあやかりたくて仕方がないみたい。

DSCF6624 (2) (640x480).jpg

祐樹は唯人の手の上に乗せてもらって楽ちん!!(爆笑)

33歳ちっちゃいオッChan。

DSCF6624 (640x543).jpg

絶妙な構図の写真!!さすが親方の私です!!あははっ!!

祐樹・・・・ちっちゃくなったなぁ・・・。

思いっきり真面目に庭を語り、思いっきり楽しく時間を過す!!

それが大事!!硬くなりすぎず!!柔らかく、でも厳しく。そして楽しく。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM