Goくん、頑張ってます(笑)

  • 2019.05.16 Thursday
  • 19:47

さて、弊社での仕事も二週間が経過した小松Goくん。


環境もガラッと変わって、庭作りなども経験しながら体力的にもキツい毎日を送っています。



そんな今朝、Go君は2tダンプを壁にぶつけました。(笑)


人に当てたわけではないので、これは仕方がないこと。色々なことがあるさっ。


もちろん注意はしたけど、その後気を付ければ良いのだよ。


だから、笑ってぶつけた箇所を指差して撮影(笑)


そんな事で余り凹まなくてよい。凹むのは仕事で前を見れなかったり、努力が足りてなかったときだから。


今日もノウゼンカズラの棚造りを一緒に。


少しずつ、少しずつ弊社に慣れていこう!



金槌を忘れたのは私です(笑)




能満寺さんの石積み

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 19:25


80mの石積みもようやく半分の40m積み終わりました。




石積みの中に祠を造りました。ここには亀川石材の亀川社長にお地蔵さんを制作してもらい安置する予定。


平成31年4月30日と彫って貰います。

平成最後の日を刻み奉納予定。


材料を山からただ単に買うのではなく、私に関わって下さった皆様の"気持ち"を少しでも現場に残すことが出来たらという想い。


これから数百年の年月を刻むことでしょう。


石を単純に積むのではなく、意思を積み上げて完成させる"ものつくり"ウチの会社は常にそう有りたい。



今週は通常業務。霊園の管理や海老名市の曹洞宗寺院 鳳勝寺さんの雪吊りを外したり、お彼岸の準備。

また来週から石積みと禅の枯山水工事が始まります。


うんっ、日々是好日です!


ヤバい

  • 2019.03.05 Tuesday
  • 22:19

ブログを楽しみにしている皆様。

なんだかんだと、ひと月以上更新してないですね。すみません。

箱根の現場はずいぶんと前に完成し、今は伊勢原市の禅寺で石積み工事に入っています。


3月はイタリアの親友達が来日して我が家で過ごしたり一緒に働いたりと毎日ドタバタしておりました。


箱根の現場。



イタリア人と毎日日本酒パーティー(笑)



箱根を観光。



富士山見に行ったり。



親友のLucaの会社のユニホーム着て目一杯働いたり。



80mにも及ぶ石積みはまだまだ続く。



デカいバックホウ借りて新たな石積み箇所の掘削したり。


もう毎日が目まぐるしく過ぎてます。

ちょっとした話なんだけど。

  • 2018.11.02 Friday
  • 21:39

25日に従業員のY(仮称)が四年8ヶ月で退社しました。まぁ、辞めかたは過去の退社していった中では群を抜いて悪かった感じかな(苦笑)最終日には半纏も返還して貰った。

通常弊社の一度渡した印半纏は返納はさせてない。過去に愛弟子で途中退社した皆も半纏は思い出に授けた。親方として道は違えど修行した仲間だから。でもYには半纏を返納して貰った。

それだけで想像してもらえると思います。(笑)

人として、職人として弊社の半纏は彼だけには絶対に渡すことはできなかった。半纏は私達職人の魂だから。

退社前の1ヶ月、本当に気を使ったし、事業主として出来る限り円満に25日を迎えることに尽くしました。精神的に本当に疲れた(笑)

やっと解放されたっ、が本音です。本人は円満退職と受け取っただろう(笑)何を考えて円満と思ったんだか。


これからはやっと良い"気"が弊社に入ってくる。正直ホッとしている。

回収した半纏も洗濯機で洗っちゃいました(笑)通常は洗濯機になんて絶対に入れません!(笑)


これからの仕事は勿論大変になる。でも庭匠霧島は庭匠霧島らしさを取り戻せた。本当に良かった(^-^)vお客様の事を想い最善を尽くし、礼を欠かさない。

楽しい時間が戻る!これが幸せ!


人生には色々な転機がある、その中でお世話になった人々に砂を掛けて辞めるようなことをすれば今までの時間が本当に残念な気持ちだけが残ってしまう。


ウチは昔ながらの見て覚えろ的なことはしていない。出来る限り丁寧に教えて、反復しながら覚えて貰うスタンス。


弊社は今、新しい従業員を募集しています。


私達と一緒にお寺のお庭を管理したり、禅寺の庭を作ったり、伝統工法の石積みをしたり、箱根や長野県の温泉旅館さんでの管理や庭造りをしたい方を募集してます。



技術講習会三昧(笑)

  • 2018.10.29 Monday
  • 18:44

先週から各種建設機械の技能講習会に行っています。



先ずは大型のショベルカーの資格。二日間みっちり。



昨日までの三日間は2m以上の地山の掘削に必要な資格の地山の掘削及び土止め支保工の技能講習会。これは三日間永遠講義だし、土木の専門的な授業だったので、脳ミソが溶けそうでした(笑)



でも本当に来て良かった。新しい事をしり、また安全について改めて再確認できた。

大事なことです。



土圧計算や応力など難しいこともたくさん学びました。


来年2月から、80mにも及ぶ石積み工事がある。庭匠霧島はどんな時も全力です。


仕事を休みにしても取らなければならないものがある!弊社はゼネコンと仕事をすることもある、どんな会社が間に入っても全方位対応!

その時に"準備"出来てなければ話にならない!ですから。

肩の脱臼、リハビリ生活

  • 2018.09.27 Thursday
  • 22:24

毎週2日程、肩の脱臼のリハビリに通っています。


これが悲鳴があがるほど痛くて苦しい。


でもこれも早く根治させるための道に他ならない。


肩関節をまだうまく使えず、筋肉に負担が掛かっているようで、テーピングをしながらのリハビリになりました。



先は長いけどコツコツと確実に治していきます。

2017年最後の仕事は門松の配達。

  • 2017.12.31 Sunday
  • 12:24

昨日の30日は大安吉日。ウチは昔から大安にしか門松を納めない。

それが霧島の流儀。

 

そして縁起物だしね。

 

今年はお世話になった4件のお寺さんへ納品。

 

鳳勝寺 妙楽寺 廣渡寺 能満寺 さんの4ヶ寺。今年もお世話になりました。

 

DSC_3054.JPG

 

朝7時に配達。1件目、平塚市の臨済宗寺院:妙楽禅寺さん。

 

DSC_3056.JPG

 

今年もウチの門松の竹はセンで削り出す。優しい曲線を描く庭師の門松です。

 

DSC_3059.JPG

 

 

次は伊勢原市の臨済宗寺院:能満禅寺さん。今年で最後になる本堂。来年は本堂の建て替えです。

弊社も来年から石積み工事や、庭工事などでお付き合いさせていただきます。来月には解体が始まる本堂に弊社の門松が花を飾れました。

 

DSC_3063.JPG

 

そして毎月お世話になっている、曹洞宗寺院:鳳勝寺さん。

 

DSC_3062.JPG

 

鳳勝寺さんの門松はいつもの弊社の切り口をちょっとアレンジ。S字カーブを描く先端部に。

 

 

いつもは差ほど尖らせない先端部も敢えてキリリと粋に。

 

DSC_3065.JPG

 

最後は埼玉県飯能市の曹洞宗寺院:廣渡寺さん。

 

DSC_3067.JPG

 

全ての門松が無事に納品。私が1組1組大切に運搬し、最後の仕上げのウメ・センリョウ・マンリョウ・ナンテンを差し込んで、魂を入れて禅寺に納品。

 

今年も全力で走り抜けました。皆様も今年一年お疲れ様でした。

 

そしてありがとうございました。

 

来年は5日から竹垣工事が3件と、作庭工事、神社さんでの石積みなど盛りだくさん。

 

おかげさまで4月まで予定が詰まっております。

 

体を大切にしながら、1件づつ”ものつくり”の気持ちを大切に作らせていただきます。

 

今年もお世話になりました。

 

皆様が良き年を迎えることを心よりお祈り申し上げます。

先日研修に来たアッキーくん。

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 21:57

先日私にどうしても会いたいという24歳の若者が京都から弊社を訪れました。

 

色々と話をして、彼が数日一緒に働かせて欲しいと言ってきたので、我が家に彼を泊めて2日間働きました。

 

彼は浄土宗の僧籍を取得し、実家も浄土宗のお寺だそうで、仕事中や自宅では色々と話しが出来て楽しかった。

 

妻は彼をアッキーとあだ名をつけ、皆でそのあだ名で呼んでいました。

 

夜には厳しいことも告げたり、庭師としての生き方や、勉強、信念の話などを呑みながら語り合いました。

 

 

3日目の朝、置き場で皆に挨拶をして京都に帰りました。

 

 

 

そんなアッキーに霧島流の写真撮りに付き合わす(笑)

まずは元気よく、「元気ですかー!!」

 

 

からの〜手をつないでのダブルハート!!

 

 

そして最後は僧籍を保つアッキーと共に合掌!!(笑)

 

元気でねアッキー!

 

庭匠霧島はいつも和気藹々です。真面目な時も全力、ふざけるときも全力です!!

東京都国立市での作庭工事

  • 2017.08.26 Saturday
  • 05:30

弊社は夏期休暇が終わり、先週から作庭工事に入りました。


今回の工事は古典的な枯山水庭園です。


この様な古典的な庭園は海外の方に日本庭園の技術を伝えるには良い機会かもしれません。


ここ数年は様々な国の方も私に興味を持ってくださり、色々と情報交換してきました。


改めて海外に於ける日本庭園の関心は高いのだなぁと感心。しかし、同時にマテリアル(素材)に頼った作庭をしているのも海外の造園家の(日本庭園を造る人)特徴かもと危惧してならない。もちろん素晴らしく日本の心を理解している作庭家もいます。


私はその様な人達に積極的にコミュニケーションをとって、少しでも”日本文化が正しく伝わって欲しい”と願い、根気よく話をしたり、イタリアの講師に就任している学校で教鞭をふるっています。


ですが多くの日本庭園を手がける海外の造園家は、やはり日本庭園の的確な情報が少ないだけなのだと気付かされる。ちゃんと日本の庭を作りたいが、指導者が少なすぎるだけなんです。


私は自分自身の庭師としての生き方も重要と考えているけれど、俺はこれからの世代に”紡ぐ”ことも重要だと思うし、海外に於いても、もっともっとこの”庭師の道”・”庭園文化・日本文化”を日本人として的確に伝えたいと思っている。


それが俺のライフワークと位置づけている。


一生をかけて、俺はこの世界の底上げに尽力するし、多くの一般の方に”庭師の生き様”を見て欲しいと願っている。


自分の作風なんて自分では意識もしないし、作風などというものに左右されないゆるぎない信念もある!


俺は俺らしく、これからも”無理の無い調和した、何気ないけれどなんだか良いなぁという空間”を作っていく。


日本人として、日本人の感性に響く空間。それは時代によって異なるけれど、”今の日本人の感性にも響く空間”を作っていければと思う。


その為にも先人たちの技術や心を学び、自己を究明し、他分野の”美”に対する見識を深め、日々勉強し、向上心・探究心・研究心を持ち、どんな時も好奇心をもって生きていこうと思う。


これからも海外でも積極的に作庭活動をして行こうとも思う。


先ずは来月にイタリアにて少し、”新しい試みな一歩”を踏み出そうと思う。


途方もない夢物語だろうきっと。でも俺は踏み出す”勇気”だけは持っている。


出来ない理由を述べるなら、俺は出来る理由を恥ずかしげも無く語るだろう!


「私はどうやって日々のモチベーションを保っているのか?」


私はこう答えます。「自分がなぜ今、この地に降り立ったのか、なぜこの道を選んだのか、私は初心を決して忘れない!そして、私の背中を見てくれる愛弟子が居る。私の元で修行を終えた元愛弟子も元気に庭師の道を歩んでいけている。それらが私の力になり私はいつも前を向き歩ける理由だし、モチベーションを保つのではなく、毎日をただ大切に過しているだけです」ってね。


俺は有名でもなければ、なんでもない只の町の植木屋さんです。でも、俺はそんな一人の職人として"当たり前の職人としての生き様”を皆さんに対して色々な媒体を通じて伝えていきます。


下を向くよりも、前を向いて口角上げて、にっこり、ホッコリとキープ・スマイル!!


そう、だから俺はどんな時も人に問われればこう答えるだろう


「日々是好日!!」ってね!!


そんな感じで東京都国立市の作庭工事はスタートしてます!


行くぜっ!霧島宏海

GW・・・私はGo Work. 私は仕事です。

  • 2017.05.06 Saturday
  • 18:41

皆様ゴールデンウィークは如何お過ごしでしょうか?

 

私は終日、朝から晩まで見積もりと設計図仕事に追われて休みはありません(汗)

 

腰を落ち着けて設計に専念出来るのは社長にとって(ウチは小さな小さな会社ですから社長は休めない)チャンス日なんです。

 

この数日間で4つの見積書と2件の作庭現場の設計図ととてもよくして下さっている地元不動産からの依頼の外構図面を仕上げます。

 

妻は故郷の京都へ里帰り。私は仕事に終始集中。

 

朝6時半に起きて、わんこの散歩に行って仕事。お昼食べて仕事。晩ご飯も作って食べて仕事。寝るのは24時。

 

明日の午後くらいは少し休めたらなー。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM