通常業務に戻る。霊園の管理

  • 2017.03.20 Monday
  • 06:23

横浜市の緑山霊園さん。私自身がここに戻るのも4ヶ月ぶり。

お彼岸前のギリギリに綺麗に草抜きやら大量の落ち葉を片付けることができました。



マメザクラも満開で綺麗です!


庭匠霧島の通常業務です。

緑山霊園の管理

  • 2016.06.14 Tuesday
  • 10:21
ここ2週間ずっと横浜市の緑山霊園で生け垣の刈り込みと大きな刈り込みをしています。


四月に作った龍安寺垣もあめ色になりました。



手入れを終えた姿。



大刈り込み。凄く広い。



朝から夕方までひたすらエンジントリマーを振り回し、腕はパンパン。



広い霊園です。



そんな長かった霊園での仕事も今日で完了です。

霊園の植栽管理

  • 2015.08.25 Tuesday
  • 22:03
昨日から緑山霊園の植栽管理に来ています。

今回の仕事は建物周辺の高木剪定です。

DSC_4713 (640x480).jpg

今回の施工エリアの作業前写真です。
私はその場所にあった植栽のスケール感を大切にしています。
この植栽場所ではこの樹木たちの間隔は狭く思います。
そこでこの霊園の管理を任された5年前から根本から生える”ひこ生え”を大切に育成しておき”代変え剪定”を行なえるものは行ないました。

DSC_4725 (640x480).jpg

手前は代変え剪定をガッツリと行い線の細い状態にしました。

DSC_4715 (640x480).jpg

因みにこれは代変え剪定を行なって3年目のアラカシ。殆ど3年間ほったらかしにしていました。
それも大切なプロセスだと自分は思う。手を入れるのも剪定ですが、手を入れないのもまた剪定です。

DSC_4716 (640x480).jpg

これから将来に向けて不必要な枝を選定し、元から外します。下枝は少し外し成長方向に対して方向付けをして剪定。

DSC_4727 (640x480).jpg

この場所も今回の手入れ範囲。ヤマモモとアラカシが茂っていました。

DSC_4728 (640x480).jpg

このヤマモモも数年掛けて骨格を弊社の手入れ法に矯正し、何度か方向性を付けて小透かし剪定したり、刈り込みをして細かく萌芽させて大きな凹凸を軽減させたりしていました。

今回は刈り込みをした後に、細かい枯れ枝を取り除いたり、太い萌芽をする枝を切り戻し剪定をしたり、方向性を持たせて小透かし剪定しました。アラカシは野透かし剪定を行なっていましたが、裏のモミジが柔らかく成長してきたり、隣のカツラも柔らかくのびのびとしてきたので、今年度で一度、骨格から小さく作り直すために強剪定を行ないました。そうする事でこの植栽スペースでのスケールに有った樹木たちになると思います。

DSC_4723 (640x480).jpg

これが作業前の施工エリア。

DSC_4732 (640x480).jpg

そして施工後。奥のサルスベリも年前はゴリゴリの木姿でしたが、弊社が管理するに当たって少しづつ自然樹形に戻し、全体的に柔らかく花が咲き誇るようになってくれました。

毎年入っている場所であろうと、毎回同じ手入れをすればいいというものではありません。

その時の状況や環境、成長を考慮し庭師としてどのように育成をしていくのかが大切です。

その為には常に色々な事柄にアンテナを張り、樹木の声無き声に耳を傾けるという慈しむ心が大切です。

緑山霊園の管理

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 10:20
先週からずっと緑山霊園の管理をしています。



今日は高木の枝下ろしのために22mの高所作業車を使っています。



生け垣だけでも総全長で2km程もあり作業は大変です(笑)(^^;





大刈り込みもこの面積(笑)



後もう少しかかりそうです。頑張ります。

緑山霊園での作業

  • 2014.10.09 Thursday
  • 22:19
 弊社は2週間ほど前から横浜市の緑山霊園さんにて植栽帯全域の刈り込み作業をしておりました。

作業もいよいよ終盤になり、霊園入り口の擁壁上の竹薮を綺麗に下刈りしておりました。

DSC_1844 (480x640).jpg

それがこの写真。間知石積みの上は山になっているのですが、際はもう、細竹林になっておりました。

いつかはこの場所をしっかりと管理しておきたいと思っていましたので、今回は思い切って綺麗にしました。

2tダンプで6台分以上のゴミが出ました(汗)

その後も道路に出ている高木の枝も降ろしました。

DSC_1846 (640x480).jpg

そんな時、祐樹はチェーンソーの達人なので本当に助かります。

木を切りに来たのではなく、庭の手入れに来ています。

  • 2014.09.29 Monday
  • 10:49
 先週は霊園の管理に行っておりました。

DSCF8448 (640x480).jpg

横浜市青葉区奈良町にある霊園:合掌の杜 緑山霊園

弊社はここをほぼ毎月来ていますが、先週は事務所前の緑地帯の剪定作業でした。

愛弟子ちゃん2人には手入れとは何かを授けたりしておりました。

そんな中、何度か私の逆鱗に触れるようなことも(苦笑)まぁ私は常日頃から”技術”面で弟子を叱ることはないと思う。

でも、枝の切り口や処理の仕方、植物への言葉使いなどがおおよそ植物を扱う者として間違っていれば私は叱咤する。

下記に順を追って説明すると。

枝の切り口 → キチンと枝元で形成層を壊さないところで枝を外す。

処理の仕方 → いつも刃物を研ぎ切れ味を良くすることが植物の治癒能力を手助けする。

植物への言葉使い → これは非常に大事。植物は生物であり、唯一この地球上に於いて光合成によって生物の絶対条件の”酸素”を作り出し、且つ、大気を浄化してくれている。そんな彼らに敬意を払い、仕事に徹する。

もう少し掘り下げると、私的な庭師のモットーは「植物の声なき声に耳を傾け、その姿をとどめるように務めよ!植物は聴いているだ私らの声をっ」です。

ですから「おー、あの枝ぶった切ってこいよぉ!」とか、

「邪魔だから切っちまおう」なんて言ったら、植物は本当に悲しむと思う。

だから、日頃からなるべく言葉にしても植物の前では「切るじゃなく、外す」と言う。

いや、そんなことは幻想なのかもしれません。しかし、植物を扱う私達植木屋がその"心”までも無くしてしまったらそれはもう、植物を扱う資格がないじゃないですか。

だから、私は愛弟子さんには

”切る枝”を見て剪定してはいけない。”残す枝”をみて枝を外しなさい」という。

そして、「今登っている樹木を切りに来たわけじゃないよっ!俺達はこの場所場所に合った空間の手入れに来ているんだぞっ!」って伝える。

兎角植木屋さんは木を切るのが仕事に思われる。同業者の間でも「剪定技術」に対して目を奪われがちです。でも本当はそんな主張しないで良いんです。剪定する必要がない状態と判断すれば切らないこともまた剪定なのですから。

普通にそこに在ればいいのです。それでも植物は私達に”酸素”を作ってくれます。風景の片隅や何気ない存在で癒してくれます。

だからせめて私達は「声なき声に耳を傾ける」ことを忘れないようにしたい。

私の愛弟子達にもこの職業で一番大切なこと、「植物を愛する」を大切にして欲しい。

DSCF8456 (640x480).jpg

剪定後の姿です。

DSCF8452 (640x480).jpg

そして、写真中央より左の菩提樹の木。これは今回剪定せずにそのままにしました。

ねっ?剪定しなくともちっとも変じゃないでしょ?

慈しむ心はきっと植物にも伝わるはず!

雨天にて作業は中止。

  • 2013.10.05 Saturday
  • 18:43
 さて、今週はずっと霊園の管理仕事でしたが、本日は雨の為作業を中止しました。

夏ごろから見積打ち合わせをしている現場の、再設計が遅れていたので正直この雨で私自身は内業が出来て助かる。

社長になって以来、色んなことを処理していかねばならないのでてんてこ舞いだ。

でもそれもまた心地いい。

霊園管理が終わった!!!

  • 2013.06.21 Friday
  • 20:31
 2週間に亘って作業していた霊園の6月度の管理が終わりました!!

超嬉しい!!思い起こせば愛弟子が1人の状態で作業をするのは初めてだった!!

そう、本当にキツイ作業内容でした!!しかも殆どの日が雨という悪条件下での作業で本当に疲れました!

でもやっとこの作業から開放!!!!!!!!!!!!!!

良かった!!!

霊園の刈り込み祭り、前哨戦

  • 2013.05.31 Friday
  • 20:52
 さて、今日から2日間は霊園での刈り込み作業!!

今回は来週中頃から始まる霊園の刈り込み作業です。

弊社では毎年この6月の刈り込み作業を「祭り」と呼んでいます(笑)

余りにも過酷で長い管理仕事・・・しかも全てがエンジントリマーでの作業。

スッゴク苦手です(笑)

生垣だけで1.2kmもあるし、その殆どが墓石の間に植わっているので刈り込みも掃除もめちゃ大変・・・・。そんな作業を”祭り”と称しています。

r1.jpg

昨日の雨の中での作業。写真は愛弟子の伸也くん。

r2.jpg

勿論私もがんばっていますよん。

r3.jpg

本日は霊園で薬剤散布!

  • 2013.05.24 Friday
  • 19:49
 今日は朝一番で自分の華道の先生のお庭を消毒し、その後は霊園へ。

m_27.jpg

なにせ広い霊園なので、消毒作業も2日間掛かります。

本日は1000リットル散布!!

m_28.jpg

ずっと同じ作業の繰り返しに私のテンションもおかしくなる(笑)

いや、もしかしたら消毒液の吸いすぎか?(笑)

フェンスの隙間から「とりゃーーーー!!」って感じです!!でも良く見るとジョボボボぉとしか出ていません(笑)

m_29.jpg

あーあぁーあぁーあぁー!バカになっちゃたのぉー霧島さん(笑)

m_30.jpg

ターゲットを狙うスナイパーの様な格好までする始末・・・・。

あっ、勿論、この写真以外のときは真剣に作業していましたよ!!!!

いやいや、本当ですって!!(笑)

テンションがおかしくなり過ぎて、フェンスにへばり付いて、

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM