埼玉県飯能市の禅寺 平壽山 廣渡寺様

  • 2015.04.14 Tuesday
  • 18:20
さて、昨日の夕方、埼玉県飯能市の曹洞宗寺院 「平壽山 廣渡寺」様へ赴いておりました。

そう、私がここ1ヶ月間悩み苦しみ楽しんで設計していたお寺の中庭は廣渡寺さんでした。

そんなお寺様には2つのお庭を設計いたしました。そして昨日無事にそのうちの一つをお気に召してくださり、受注させていただけました。

くぁ〜嬉しい!!本当に嬉しい!この1ヶ月、本当にどういう庭にすれば喜んでくださるか、方丈様、奥さま、若方丈様の想像を超える設計が出来るかを考えてのプレゼンでしたので、それが気に入ってくださり、受注までいけたのは嬉しい!

勿論、毎回毎回お客様に作庭依頼をされるたびに同じように感じることなのですが、やっぱり素直に何度でも嬉しい瞬間です!

そんな今日のブログでは、実際には施工はしない方の設計を公開します。

実際に施工するお庭につきましては、これからのブログを楽しみにしていてください。

それでは今回採用はされませんでしたが、魂を込めて描いた設計

施無畏 掌宝珠庭(せむい しょうほうじゅてい)

平面図-1 (640x417).jpg

平面図です。

DSCF0319 (640x480).jpg

イメージ図です。

以下お寺様に提出した設計意図を公開します。私は必ず庭を設計する時に”庭園銘”と”ストーリー”をつけて考えます。


 
初めに「平壽祥雲地蔵庭」を書き上げた後にもう一つの中庭案を書くにあたり、やはりこの場所にある巨石を主役とした庭を、そしてより慈悲のある庭を作ろうと考えまして、仏様の掌をモチーフにした庭園を設計いたしました。

○「施無畏」とは、財施・法施・施無畏の3つのお布施の一つであり、お金が無くても、知識が無くても、誰もが出来る布施であり何かを恐れている人に対して「恐れなくても良いのだよ」っと安堵を与える布施を意味します。
また仏像の掌を前にして見せる印も「無畏施印」と云います。

庭の説明

巨石を中心とした奥側の島は、如意宝珠を持つ地蔵菩薩の掌の形をしています。
石積みは地蔵菩薩の衆生を救う慈悲の指を表現する為に曲線で積み上げます(親指の部分)
手前の島はお釈迦様が本堂側を向いて涅槃をしてる姿をしています。(本堂に対してお釈迦様を正面にする為にです。)平面なので左頭涅槃になりませんが。
また2つの島を別の見方をすると「来迎印」や「無畏施印」の掌の形に見えるようにしています。
また御影石と古瓦で錫杖を作り、その周りの砂紋が「六道」(天道・人道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)を表し、地蔵菩薩が錫杖を持って全ての助けを求める者に救済をくまなく巡業される様子を表現しています。
この庭に訪れた方全ての人々が何事にも恐れを抱くことなく、仏様の掌の加護の元に集えるようにと思い設計いたしました。

以上

こんなコンセプトで設計いたしました。庭師によって設計へのプロセス・アプローチは様々だと思います。

私の考えが素晴らしいなんて絶対に言いません。そして、私は自分の設計を押し売りしたりはしません。

お寺の設計をするにあたっては仮に「仏教に関連しなくてもいいし、自由でいいよっ」って住職様に言われたとしても大なり小なり必ず私はこのお寺の本尊様と仏様に対して造ります。そして御住職様とそのご家族、そして檀家様、そして地域の皆様のことを第一として考えて設計します。決してただ単に”自分が作ってみたいもの”は造りません。

私の中では庭師は芸術家ではないと捉えています。(それが良い悪いということではありません。)お客様の要望や意向、予算による制約がある以上は当たり前ですが、”お施主様の満足のいくもの”を設計しなくてはいけません。そして何よりもお客様の”想像を超えるもの”を提案する。奇をてらうのではなく、派手さや地味さではなく、意向に添いながらもプロとしての技量と技術と経験を基にした提案をしていくことが私たち”プロ”なのではないでしょうか?
そう、私たちの職業の”プロ同士から見た素晴らしい庭”=イコール”お施主様の喜ばれる庭”では無いのだと思うのです。

プロなら”やりたいこと”も”やってみたいこと”も当然あると思います。しかし、”自分自身が確立されたブランドとしての価値が付いている庭師”で作庭依頼が来たのであれば、きっとそのお客様はその人が作るものに満足をしてくださるのかもしれません。そうでない以上は、やはりお客様の為だけに作るのがプロというものなのかなぁと感じています。
自分が造りたいものや、ましてやったこと無いのにやってみようと思うことは、何かのガーデンコンテストで試せばいいと思います。それはそれでプロをプロの審査員と一般の方々がお施主という立場ではなく公平に評価してくださるのですから。

私がお寺の庭を設計するにあたっては、なるべくなら宗教上の”教え”などを盛り込むようにしています。くどくない程度に抑えるのも私の中で常に課題なのですが。

お寺はやはり”信仰心”(今の社会では少なくなっているようです)であるわけですし、そこにある空間である以上はある程度はそんな考えも必要なのかなって考えています。

そして、庭という空間を通して葬儀だけではない寺院さんの存在に(意外と葬儀=お寺って思われていませんか?)そっと僅かばかりでも寄り添えないかなって思っています。

葬儀や法事で来られた方にも、庭を見たときに”何か”を感じていただけたら嬉しいと思う。

”そこに意識が向く空間があるよ”って感じて欲しいのです。愛の反対語は”無関心”と言ったりする場合もあるそうですが、正にそう思います。”無関心”であり続けない空間を私は作って行きたいのです。

その中で日本人が心地良く感じる”文化”や”心”を庭を通して”感心が向く”ように表現したい。
お客様のご意向に寄り添いながら、プロ同士の目線など気にせずに、洋風・和風の庭などという見えない垣根など作らずに。

基本は大事ですが、捉われのある心はいけないものです。

近々、この廣渡寺さんにて採用された設計。

「平壽祥雲 地蔵庭」(へいじゅ しょううん じぞうてい)が始まります。

楽しみにしていてください。捉われのない設計になっているお庭を作ります。 合掌

庭師:霧島宏海

禅宗寺院の中庭を設計

  • 2015.04.09 Thursday
  • 21:40
ここ最近は、連日連夜設計に追われてブログの更新が出来ませんでした。

埼玉県の禅寺様の中庭を設計中です。昨日までに2つのプランが出来あがり、見積書を作成しています。

勿論題名も付いています1つ目の題名は「平壽 祥雲地蔵庭(へいじゅ しょううん じぞう てい)」

もう一つのプランの題名は「施無畏 掌宝珠庭(せむい しょうほうじゅ てい」

もちろん名前の由来の通りのストーリーが図面には描かれていますが、まだ住職様にも見せていないのでまだ公開出来ません。

どちらかの案が気に入って下さったら嬉しいな。あと少し頑張って仕上げます。

 

洋風庭園 『Be Happy』作庭工事

  • 2015.02.16 Monday
  • 11:51
来週の月曜日より、洋風庭園整備工事が始まります。

弊社としては洋風庭園は久しぶりの工事です。勿論いつも日本庭園工事をしている訳でもないのですが(笑)

お施主様の奥様のためだけに設計したBe happy(幸せになる)という題名を付けた花壇を中心とした庭園です。

季節の花々が咲き溢れ、ご家族が幸せな時間を過して欲しいと設計しました。

DSC_3300 (640x445) (2).jpg

普段はお庭ですが、大雨時にはここは排水が悪く、また排水設備等も全く作れない地下水位が以上に高い場所です。

30cっも掘ると地下水が湧き出てしまう場所なので、大雨時にはこの庭が遊水地になるように設計しています。

12m×20mの敷地内に1ヵ月半掛けて作庭して行こうと思います。

『心』を込めて一つ一つ大切に「想い」を込めていきます!!

場所等は設計著作権等の契約をしているためにお教えできませんが、今回の工事は弊社スタッフのみで施工していきます。

今後の作庭過程を楽しみにしていてください。

無量山 慈眼寺さんの庭園設計

  • 2014.01.12 Sunday
  • 19:03
 本日は藤沢市の曹洞宗寺院:慈眼寺さんへ庭園の設計に伺ってきました。

DSCF5786 (500x375).jpg

応接間を自由に使っても良いと、なんとも恐縮してしまうご対応に若干の汗を抑えつつ、境内を時間をかけて歩き、庭を造る構想を練っていました。

本堂の前以外は御住職様の意向がありますので、それを活かすことにし、施工予定の空間を把握し、想いを馳せていました。

2時間半位滞在し、大まかな部分は基本設計を構築出来ました。

写真はヤマザクラとケヤキの寄木です。市の天然記念物に指定されています。

この場所は土が流れてしまっているので、城積みを2つの種類の石でしようと思います。寄木に合わせて石材も寄せます。

DSCF5785 (500x375).jpg

そんな慈眼寺さんの境内です。石積みと雑木で本堂前をキリリっとまとめたい。

今日は打ち合わせに追われていました。

  • 2013.10.29 Tuesday
  • 21:10
 さて、本日も雨・・・・雨・・・雨。本当に工事が遅れるような雨。

困ったものだ。しかしこんな時にはまとめて打ち合わせに出れるのも事実!

今朝は藤沢市の禅寺に打ち合わせに行ってきました。

初めて伺う禅宗寺院様です。

以前から知ってはいた場所でしたが、今回縁があり弊社が石張りをさせて頂くことになります。

DSCF4896 (500x375).jpg

そんな寺院さんのエントランスです。正面のお庭の中に石張りをさせて頂くことになります。

DSCF4891 (500x375).jpg

打ち合わせ時に他の造園業者さんが作業をしていたので内心はドキドキ(笑)

7人くらい職人さんがいましたが、半纏姿の古風な庭師姿の私に否が応でも視線は集まります(何事かと思われたことでしょうね)

しかし、私も今回のような状況には何度も遭遇していますし、慣れているので和尚さんと打ち合わせ。

業者さんは和尚様からの指示で既存の樹木を全て取り払っていました。今後新しく庭を作り変える予定だそうです。

石張りだけのお話の予定でしたが急遽、「禅味ある庭に作り変えてくれないか?」とご相談をお受けいたしました。凄くありがたいことです。

その中で窓に掛かるモミジは残してはどうかとご進言を差し上げ、生かせるものは活かしてお庭を再構築してはどうかと打ち合わせは庭造りにも及ぶことが出来ました。

年内施工という厳しい条件なのですが、どうにか施工して差し上げればと考えています。

DSCF4885 (500x375).jpg

先程の大窓から見えた反対側の書院建物からの眺め。マジックミラーの窓なのでエントランスからはこの書院は見えず、代わりに書院の窓がエントランスからは鏡となり、この中庭が広く見えるように設計されています。

この窓の外側の淵に沿って丹波石張りをするのがご依頼です。

DSCF4884 (500x375).jpg

そして、写真に見えている植物は皆大きくなり過ぎ日当たりが著しく悪いということで全て撤去することになっているそうです。良く見るとモミジに造園業者さんが枝を落とす為に木に登っていますね。

このお寺さんでの打ち合わせ後には、庭師の仲間内に連絡をして11月に施工を手伝えるかを相談。私一人では到底年内施工は難しいので(弊社も現在から3月まで作庭工事や城積み工事が詰まってしまっていますもので)どうにか施工して差し上げたくて。

禅味ある空間を今から構成し考え設計しようと思います。

その後はいつもお世話になっている横浜市の霊園さんへ。ここでも藤棚を配した休憩私設を要する小庭つくりを依頼されました。

ここはパブリックな場所なので開放的で明るい設計にしようと思います。

その後は置き場に帰ってきて、黒長穂垣の屋根部材の加工作業の進捗を確かめ(愛弟子伸也は朝からこの加工作業を会長としておりました)私自身も加工作業し、4時過ぎからは材料屋さんに垣根に使う自然柱の良し悪しを確かめに材検していました。

本当に目まぐるしい一日が終わりました(汗)

明日は天気も良いみたいなので、枯れ流れの源流の石組みをします!

土留め工事に園路工事に植栽工事。此方も

中庭の設計

  • 2013.10.08 Tuesday
  • 17:20
 さぁーて、残解雇のブログで紹介した様に、私は8月から少し規模の大きな作庭工事の設計をしておりました。

そんな打ち合わせが昨日漸く終わった。

以前の設計では”流れ”は作りたくないとの指摘を受けまして(お施主様の希望が井戸を使った流れだったのですが)新たに2つ図面を立ち上げました。

001 (500x389).jpg
その図面の一つ目の提案がこれです。題名は「天川交流庭」てんせんこうりゅうてい

天の川がサビ砂利部分です。大切な人と一年に1度しか会うことの出来ない天の川ですが、家族や大切な人と遮蔽があるように見えるけれど、一つの扉(枝折戸)を開けばいつでも会うことが出来るよ。というテーマを持たせています。

少し以前の設計よりもモダンな造りになっています。

中央のみサビ砂利として、常緑樹を植えることで奥行きを演出し、低い創作松明垣と光悦寺垣で仕切りを設け、アイ・ポイントを巧に散らしました。

図面の上の靴脱ぎ石からの伝いは、洗い出しと丹波石張り、諏訪鉄平の乱張り、瓦埋め込みと変化をもたせ、建物と並行する濡れ縁からわざと斜め方向に石張りをして!四角過ぎる空間を軽減しつつ、三角形と四角のラインを無理なく納めてみました。

003 (500x454).jpg

こちらがそのラフ・スケッチです。平面図から直接一定方向に立ち上げる図面の書き方です。

大正時代の古材御影平板を使用し、モダンながらも古き良き品物をあしらった設計でした。

002 (500x356).jpg

もう一つの設計が此方です。題名は「月庭月読降臨」げっていつきよみこうりん。

そう、月と神具:勾玉を表し、かの三柱、天照大神・スサノオ命・月読命の3神の中の女神の庭です。

先程の図面よりもスッキリとしています。

中央よりやや左に移植されているシダレウメを使うことにして、排水を考えて敷地内に高低差を設け、本小松石で土留めをつくりその中に”石筍(せきしゅん)”という弊社が先代より好んで使っていた中国の変った石を景石として立て込みます。筍のような形をした石です。

曲線は”勾玉”をイメージしています。清浄な白砂利と地元の石で神道に因んだ宝物をイメージさせてみました。

お施主様が神道にも深く関わっておいでであったので、このような設計にしてみました。

図面上では書いていませんが、植栽にも低木として”鎌刈りの榊”を植えることとし、ナギなども植える予定でした。

昨日この2つの図面でプレゼンをしましたが、結果は・・・・殆ど見られることも無く玉砕です(笑)ですからこうしてこのブログに載せる事が出来るのですが。

折角、魂込めて設計をしたので、日の目は見なくてもこのブログ上だけでも、公開できればと思いました。

ではでは、この中庭はどうなったかといいますと、当初設計の”流れの庭”を枯れ流れの庭で作庭させていただくことになりました。

井戸はこの中庭に元々有りますが、お施主様が使いたくないという意向により、手汲みポンプをイミテイション(擬似装置として)付けることになり、あとは当初設計の一部は削除し、大まかな部分で施工することになりました。

そんな当初設計のお庭にも勿論題名が付けられています。


此方が今回施工することになった当初設計。

題名は「輪廻庭 副題:鎮魂」りんねてい ちんこん。

当初設計は井戸の水を循環させる予定でした。それを踏まえて、命の源が湧き出る生命の泉が地蔵菩薩の梵字が彫られている水鉢から命の水が溢れ出し輪廻の様に”円”を描き大河を流れ、それはまた地中に帰り(井戸に戻り)また新たな息吹として再び沸き出でる。というテーマを持たせています。

そして、副題として鎮魂というテーマを持たせています。

今回のお施主様は元々この地で養鶏を営んでおりました。

そこには数多の生命が生まれ、そして亡くなっていったことでしょう。

家は新築になり、暮らしも変り養鶏をすることもなくなりました。しかしこの地では先祖の皆様が生業として動物と暮らしてきた事実があります。

そんなお施主様の家業に思いを馳せ、庭師としてそっとその”想い”を汲み、シダレウメの円形を中心に、湧き出る梵時の水鉢を鳥の目とし、石組みを鳥の鶏冠状に組み、抽象的に庭鳥の形を流れ全体で表したのがこの庭です。

私は禅を学んでいるせいなのか、このような深い意味合いまでもはお施主様には伝えることはありません。

それには禅宗特有の四聖句「不立文字・教外別伝・見性成仏・直指人心」があるからです。

言葉では伝えることの出来ない教え「教外別伝」に当るからかもしれません。

しかし、私はいつも庭を設計する時、ある一つのテーマを持たせて庭を設計します。それはお客様と何気ない会話の中から様々な事を汲み取り、庭師として自分が出来る事を、”庭という職業を通して、目に見えない何か”を空間で表したいからです。

そして、自分の思う庭、それはあくまでも”庭師のエゴにならない無理の無い空間”それが私の、霧島宏海の生み出す庭です。

今回はこの"流れ”は無くなりましたが、それでも”目に見えないながらも流れる輪廻の川”を表現できればと思っています。

今月にはこの庭から着手することになりそうです。その後は主庭に取り掛かり、外観を彩る”城積み”作業に取り掛かろうと思います。

今回も、このような機運に恵まれた私は実に幸せ者であります。

庭師として、そして庭師が庭師であるために、心を込めて愛弟子たちと作庭して行こうと思います。

イタリアの友人とのやり取り

  • 2013.09.25 Wednesday
  • 18:02
 さて、またまた忙しさにかまけてしまい、更新を怠ってしまいました・・・。
本当にごめんなさい。

先のブログの続きですが、イタリアの友人が再び私のアドバイスを欲しいと言ってきたので、再び簡単にですが設計を手伝ってあげました。

001 (364x500).jpg

こんな感じです。まぁ、同業者なら「えぇ!!なんでっ??」って思ってしまうところもありますが、日本の庭師の意見ばかりを押し付けるのもどうかと思うので、あくまでも向こうの友人の意見を取り入れての概略設計にしました。

でもこうやって、海外に自分のスキルを発信できるのは嬉しいことです。


さて、此方は今現在、打ち合わせをしている現場の設計図です。

しかし、先週の土曜日の打ち合わせ時に、まさかの根本からの設計変更を伝えられてボツになってしまいました(大汗)なので此方のブログにも記載できるようになりました。

出来ればこの中庭を造りたかったなぁ!今度の変更依頼では水を使わないで、サッパリした空間にして欲しいということです。何度も打ち合わせをして流れのある空間を作って欲しいといわれていたのが、土壇場で白紙・・・・・・。

まっ、仕方が無いです。でも気合を入れなおしてもう一度初めから設計するぞ!!

海を渡った先からのアドバイス依頼

  • 2013.09.17 Tuesday
  • 19:46
 昨日、イタリア人の友人からメッセージが。

彼女はイタリアのローマでヨガのインストラクターをしているのですが、新しく解説されるヨガ教室の敷地に”禅庭”を作りたいという事を言ってきた。

5982304a5e1a625e14_0 (373x500).jpg

それがこの計画平面図。勿論全てイタリア語で書かれています。

一つ一つ翻訳して、彼女が何を知りたいのかを探ります。

この計画はうまくいくかなぁ?とか、竹を何処に植えたらいいかな?

獅子脅し(僧都)を置きたいけどどう思う?とか書かれています。

でもネイティブな彼女の字が私には理解できないところもあり、私自身も少しラフスケッチで彼女の計画図を描いてあげて、質問を投げかけたりした。

001 (500x364).jpg

まぁ、この図面ではとても”禅の庭”にはならないので(汗)ローマのその彼女には何度かやり取りをすることになるかな。

少しずつでも日本の文化を伝えれたら嬉しいな。

海を越えたところから、イタリアの友人が庭師としての俺を頼ってくれる。

実に嬉しいことだ。

埼玉県飯能市の現況測量へ

  • 2013.08.30 Friday
  • 21:57
 昨日より私と愛弟子の伸也は埼玉県飯能市の禅宗寺院:広渡寺さんへ現況測量をしに伺っております。

今年からお世話になることになりました曹洞宗寺院の広渡寺(こうどじ)様において今後少しずつ、お付き合いをさせていただまして、お庭を造らせていただく予定です。

その為にも今現在のお庭の敷地の現状をきちんと確認し、現況の境内を知ると云う事はとても大切なことです。

お庭を造るにあたっては当然の事ですが、そうでなくても、現況を知ることで今後の剪定のプランニングや樹木の生長による庭の有りようなどを的確に把握できえる大切な資料となるのです。

そこでそんな現況の敷地は位置関係を出す測量に使うのが、今回私達がしている”平板測量”というものです。

今の時代、オート・CADやコンピューターでの作画が主流となっておりますが、俺はこれを便利と思うけれど、何事も”物事の本質”が大切と思っている。

平板測量は確かに原始的な測量で、時代遅れと思われるかもしれない。でも、現況の把握や、その場の空間を認識するには最善の方法だと思う。

データではなく、自分の足と目とで空間を歩き回り、その場の雰囲気を肌で感じて、それを図面上に落として描く。

この作業を出来ない奴は、CADでいくら敷地を画面上で見たとしても、やはり空間把握能力は培われないのではと思う。

だから俺は敢えてCADより先に愛弟子にも私自身もこの今回使う”平板測量”をする。

平板測量の利点は何よりも自身の手で目標物に照準を合わせて、距離を図り、縮尺に応じた寸法で紙に落とし、それがそのままに工事原本になるということです。

DSCF4346 (500x375).jpg

平板測量で記録係をする愛弟子の伸也くん。

DSCF4348 (500x375).jpg

真剣に現況の位置図を紙に落としながら、本当の現地でのスケール感を養い、空間把握能力を高めさせます。

DSCF4356 (500x375).jpg

直線や既存建物の平板測量は簡単です。

でも見通しが悪かったり、自然の樹木(生き物)を”点”で位置を出し、立体的(3D)に頭でイメージするのは大変な苦労だと思う。

でも私は常に愛弟子には空間把握における把握能力の向上を課す。

初めは意味不明でチンプンカンプンかもしれないけれど、平面図でありながらもそれを頭で360度回転させ、より立体的にイメージするかが大事です。

愛弟子の伸也も今回の測量をとおして、進めば進むだけ現況を理解し、このアナログと馬鹿にされそうな測量歩が如何に庭師の職業に不可欠かを理解してくれたように思います。
さて、明日も飯能まで現況測量をします。

DSCF4375 (500x375).jpg

頑張ります!!!

永遠に続く見積作業。

  • 2013.08.26 Monday
  • 21:03
 お盆休みからの見積と設計作業が毎日続いています。

そのために此方のブログを更新できないでおります。大変申し訳ありません。

でも、今週まででどうにか全ての内業が終わります。

自分らしく、そして庭匠霧島らしい庭園工事を提案しようと思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM