門松を納める。

  • 2016.12.31 Saturday
  • 15:35

今年も弊社の”詫びの門松”を作り、無事に納品しました。

 

弟子の一人が実は11月末に交通事故に遭い3週間会社を休まざる得ない状況で、祐樹と二人で現場が終わって置き場に帰ってきては毎日コツコツと夜なべをして準備してきました。

 

 

15732578_1239000426179995_2543204108800301278_o.jpg

 

今年からお世話になった平塚市の妙樂禅寺さんの山門前に。

 

15726801_1238340569579314_6502377075767250853_n.jpg

 

毎月お世話になっている海老名市の鳳勝寺さんの山門前に。

 

15589818_1238340546245983_2134143971420755814_n.jpg

 

そして埼玉県飯能市の広渡寺さんの本堂前に。

 

ことしも無事に納めることが出来て良かったです。

引き続き従業員さんを募集しております。

  • 2016.12.02 Friday
  • 21:37

連日お知らせしていますが、弊社は今、従業員・庭師見習いを募集しています!

 

 

写真は毎月出入りしている海老名市 春日山 鳳勝寺さんの中庭です。

 

庭師になって働きたいと言う人、是非連絡をしてください!

 

応募資格

 

20歳〜26歳位まで

 

マニュアル免許取得者

 

会社近郊に住んでいる人(通勤が遠いと継続は苦しくなるため)

 

 

この写真は弊社が境内全ての庭を施工した、埼玉県の臨済宗寺院 泉福禅寺です。

本気で庭師を目指したい人!!弟子入りし、将来は庭師として独立して身を立てたいと本気で思える人。

 

または、従業員としてこの仕事に生きがいを感じて過ごせるという人。

 

とにかく、やる気のある人!

 

今いる会社が公共性が強く、剪定方法などに疑問を持っている人!

 

庭師として、職人として日々を生きていこうと思っている人!!

 

心のこもった作品を共に造ろうと思っている若者。

 

是非弊社で共に働きましょう!!

 

(公共工事を全くしないわけではありません。エクステリア工事・草刈り・マンション管理・霊園管理もあります)

 

まずはご連絡ください!コメントにアドレスを書いてくださればこちらからまたご連絡差し上げます!

 

アドレスは管理者の私以外には表示されませんのでご安心を!

 

 

この写真は今年の初秋に施工した厚木市の作庭現場です。

 

来年早々には、光悦寺垣、黒穂垣、建仁寺垣の工事予定があり、海老名市の禅宗寺院では2ヶ月にわたっての石積み工事、その後も40m以上の竹垣工事を予定。

 

興味があり、一緒に作りたいという若者を募集します。

 

また同業者で、私と一緒に石積みをしたいとか、竹垣をしたいという方も遠慮なしにお声がけくださいね。

 

直接電話での受け付けも致します。

 

090−2175―9370 霧島宏海まで。

門松を納める2015

  • 2015.12.26 Saturday
  • 21:26
さてさて、ブログをずっと更新していませんでスミマセンでした。

忙しいのもありましたが、なかなかブログの記事としていいものが無く気づけばこんなにも時間が経ってしまいました。

さて、そんな今日は海老名市の禅寺:鳳勝寺さんと埼玉県飯能市の禅寺:廣渡寺さんへ門松を納めに行きました。

勿論弊社はお客様のその場で門松を作ります。どこかで買って売る門松ではありません。私達が心をこめて一つ一つお客様の前で作らせて頂いてます。

DSC_0099 (640x427).jpg

竹林から自分達が使う竹を切り出してきます。そう、ここから私達は門松造りが始まります。

DSC_0100 (640x427).jpg

師匠から弟子へ技術は紡がれていく。私の手さばきを見て学び、鍛錬を積む。

DSC_0104 (640x427).jpg

でも、それが弟子に伝わらなかった時は起こると同時に凄く寂しくなる・・・・。これも親方の定めかな(笑)

DSC_0106 (640x427).jpg

祐樹と唯人(パウマン)は今日はメチャクチャ怒られていた・・・もっともっと真剣に!何故この道を目指したのか、何故自分は修行をしに来たのか・・・・。私から何を学ぶのか・・・技術指導ではなく・・・どうやって庭師として生きていくのか・・・それをもっと感じて欲しい。俺の力不足なのかな・・・・。

DSC_0107 (640x427).jpg

祐樹・・・・もっともっと高く、高く志を持って欲しい・・・君は出来るはずなのにその羽を自身で広げようとしない・・。誰かの助言を待っている・・・・しっかりと前を向きなよ!
そんな彼に今日は厳しくプロのあり方を問いました。未熟さには気づいてはいる彼・・・早く羽を広げなさいなっ!

DSC_0108 (640x427).jpg

”笑い竹”です。

DSC_0131 (640x427).jpg

午後からは私と唯人(パウマン)は埼玉県飯能市の禅寺:廣渡寺様へ。

DSC_0132 (640x427).jpg

一年の感謝を込めて私の心と唯人の心を添えて納品する。請求書のような野暮なことはしない。それが職人。

DSC_0133 (640x427).jpg

感謝を込めて、愛弟子達と作った”鎧垣”を無期限でここに置かせていただきました。(笑)
そう、これも日頃の感謝の気持ち。私は出入させていただいているお寺様が大好きです。
数ある庭師の中から私を選んでくださったことに本当に心から感謝しています。
”有り難い”という言葉の意味をしっかりと理解して・・・・「ありがとうございます」とおもう。
そして、ここのご本尊”延命地蔵菩薩”様にも回向して今年一年の出入の感謝をさせて頂きました。
本当にここのお寺様・・・・大好きです。奥様もいつも心優しく私達を迎えてくださり、方丈様の笑顔を見ると”ほっ”とします。
庭師として出来る事をして差し上げたい。
そう、そして生きる仏様のような若方丈様にご挨拶できなかったのが残念。
本当にここの若方丈さんにお会いすると、心が落ち着く・・・・不思議な方です。

DSC_0135 (427x640).jpg

DSC_0137 (427x640).jpg

そんな今年の門松。いつもと変らず、庭師の侘びの門松。それでいい・・・。

DSC_0138 (427x640).jpg

”セン”で削った関東の門松。これからもずっと私と私の門下生が次世代に紡いで行くことでしょう。

完成したテラスに使う平板。

  • 2015.02.26 Thursday
  • 15:58
 先日置き場にて加工していた平板の完成写真をご紹介。

DSCF9507 (640x480).jpg

こんな感じに仕上げました。角を丸みをビシャンでつけて品良くライン入れて。

DSCF9509 (640x480).jpg

現場での施工はもう少し先になるけれど、今からワクワクしている。

鉄砲垣

  • 2015.02.02 Monday
  • 18:17
私はここ数日間現場を会長と愛弟子二人に任せて日夜、洋風庭園の設計をしています。

そんな中、愛弟子の一人パウマンから現場の写真が届いたので紹介。





長年経過でボロボロになった鉄砲垣





おっ?お弟子ちゃんたち俺が居なくても会長の下でしっかりやっとる感じじゃん!\(^-^)/





そして、完成!\(^-^)/

和釘つくり。

  • 2015.02.02 Monday
  • 18:06
今現在弊社は海老名の鳳勝寺さんにて、トクサ垣と鉄砲垣を制作しています。
そこで、先日の雨の日に下準備をしていた様子を紹介。



割り竹を止める化粧釘作り。

スクリュー状の銅釘の頭をハンマーで一つ一つ丁寧に四角く整えます。


丸い頭を



四角に。
昔は鍛冶屋さんが造った和釘を使いましたが、コストがかかります。しかし、釘頭をそのままにしては、味気ないものです。
ちょっとした"ひと手間"が大切。

1000本程を愛弟子二人で朝から3時までかけて制作しました。

弊社ではいつものこと。これからもこのスタイルは変えない。そんな日本人の繊細な感性を活かしていきたい。

版築土塀の霜除け

  • 2015.01.21 Wednesday
  • 12:43
今日は朝から霰が降る極寒。

海老名市の禅寺の中庭に造った版築土塀の霜除け作業をしてた。



私は極力版築土塀は造らない(笑)

造ったとしても、その場や近くの適当な土を使って石灰を混ぜて固める。セメントはほぼほぼ使わないようにしています。

だから、霜が降り少しずつ少しずつ崩壊していく。そうありきで造った。

禅寺だし、日本人だし、滅びの美学って云うのかな。それを感じて欲しくて。

まっ、エアコンの室外機を隠したかったんだけどさ。

そんな訳で厳冬期にはコモを掛けます。



愛弟子ちゃん達もしっかりと"日本の景色"
についても伝えたり。



版築土塀の見える景色も良いけれど、コモを掛けた姿もまた味がある。



コモ掛け終了!



木酢酸に漬け込んだ松板の間に入れたクロ竹も交換。


門松を禅寺さんに納める。

  • 2014.12.27 Saturday
  • 20:04
今年も庭師の門松を寺院に納めさせていただきました。

DSCF9481 (640x480).jpg

海老名市の鳳勝寺さんの山門の前に。

DSC_2955 (640x480).jpg

埼玉県飯能市の禅寺:平壽山 廣渡寺さんの本堂の前に。

庭師の作る「侘びの門松」今年も正月がもう直ぐだな!

雪吊り

  • 2014.11.22 Saturday
  • 19:59
今週後半は海老名市の鳳勝寺さんにて雪吊りしてました。



竹磨いて



割って捌いて



藁縄結んで



愛弟子達を鍛えて







霧島宏海流 雪吊り完成!

フェイスブックより

  • 2014.10.27 Monday
  • 21:15
 最近はずっと禅寺で土留め作業中。
私の石道具達。
毎日、石ノミやコヤスケのお尻を削ってメンテナンス。
大ケガに繋がる元だから大事なこと。
今日は石頭(ハンマー)の破片がズボンを突き破って脛の肉深くまで刺さった!メンテナンスしていてもたまに起こる。
気を付けていこう。

DSC_2087 (640x480).jpg

DSC_2090 (640x480).jpg

常に道具はメンテナンスしておかないとねっ!
いい
DSC_2085 (480x640).jpg
既存の石積みに合わせないといけないから結構大変(汗)でした。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM