四阿の修繕-2

  • 2019.12.02 Monday
  • 07:15

あっ、すみません!四阿の修繕工事の様子が未完成の状態で更新しておりません。

 

 

勿論ブログを前回書いた次の日には完成しておりました。

 

 

この2ヶ月の間に、何とも子供じみたコメントと誹謗中傷を書いてこられた方も居ますが屋根はこれから先も飛ぶこと無く存在します。余計な心配はしないで下さいと言いたい。

 

 

完成を正面から。

 

 

 

屋根の詳細。楽しい仕事でした。

四阿の修繕

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 20:28

鳳勝寺さんの四阿の修繕工事も終盤に入りました。

既存の野地板の大きな腐食は取り替えましたが、念のためルーフィングを施し、さらにもう一枚野地板を張る。その上に新しい野地板、そしてまたルーフィング。

本来は広小舞の上に野地板は張らないのですが、予算や時間的なことも考慮して二重広小舞(淀を付き)にはしないことに。

杉皮も二枚張りなのはお施主様との話し合いの結果です。

軒先は六枚葺き位が理想ですが、昨今の杉皮の単価も侮れません。

そのような中でも、庭師として最善の施工をしていく。


屋根全体を葺いてみたけど、何か堅苦しい印象だったので、中央部は柔らかい感じに葺くように企業努力で杉皮を追加。

ちょっと庭師らしい仕上がりに。


今日で終わらせる予定が終わらずに凹む。


それでもこのような仕事は実に楽しいです。


鳳勝寺さんにて四阿の屋根修復

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 06:41

先週の土曜日から四阿の修復工事に伺っております。



施工前の写真。これはこれで"侘びた"感じで良いのですが、既に雨が内側まで侵入し、腐食が進んでいるので、屋根の葺き直しをすることに。



杉皮とルーフィングを剥ぐと広小舞だけではなく、軒先はかなりの腐食。



内側の化粧板まで侵食し、これは急遽作戦変更。



軒先まで野地板と化粧板を剥ぎ、全て新調することに。



腐ってしまった梁も継ぎ手をして修復。完全な大工仕事に。



裏の化粧板も綺麗に張り替え。



広小舞も桧材で化粧板と野地板の溝を彫って加工。



中々上手くいきました。



化粧板の上に野地板を張って既存の屋根と高さを合わせて、なかなか現場会わせなので時間も掛かる。



野地板と広小舞の取り付け終わった屋根。これからルーフィングをして、下地板を張って、またルーフィングしてから杉皮を葺いていこうと思います。


つづきはまた。

フランスの友人と石積仕事の日々

  • 2019.03.23 Saturday
  • 21:57


さて、伊勢原市の禅寺能満寺さんでの石積みも表側は残すところ10m。


この巨石達を使って積み上げて行きます!



余りの重さに二台のクレーン車でないと扱えませんでした(>_<)


今週から弊社が購入したクレーン車、後ろにもアウトリガーがあり、2.93t吊り上げタイプですが、道路からの吊り上げなので、2t近い石は持ち上がらず。


私自身もこんな巨石を使った石積みは初めて。



オリビエさんも必死に頑張りました。



右端に見えている以前までの石の大きさと比べても今回のサイズ感が分かると思います。



応援に来てくださっている江黒さんも、巨大ハンマードリルと通常ドリルをダブル使いで巨石と格闘。



今週の現場のメンバー。



今回この場所は小田原の相田さんと川崎の江黒さんペアで積み上げていきます。


来週からは相田さんと厚木市の庭師、輝くん。



横浜市のお役所管轄の南部公園緑地事務所の竹垣講習会の講師をしました。

  • 2018.02.26 Monday
  • 23:08

Today was my bamboo fence workshop in the southern park green area office responsible of Yokohama City.
I am the theacher in the workshop.
Not only the southern park green area office, but also the people of the northern park green area office and the people of the Kanazawa civil engineering management office were in this workshop.
Around 30 people from all participated together and learned how to make Ryoanji gaki fence.

It was the plan of workshop only in the morning,but withtheir overflowing motivation, I decided to continue even in the afternoon and taught untill 16:00.

 

28576432_1640926212654079_977721390203644583_n.jpg28575765_1640926289320738_5332342905553204450_n.jpg28379206_1640926425987391_3244544881496702129_n.jpg28279615_1640926545987379_4983159951688943489_n.jpg

 

今日は横浜市のお役所管轄の南部公園緑地事務所さんの竹垣の
講習会で講師をしてきました。

皆さん関心が強いようで、南部公園緑地事務所だけでなく、北部公園緑地事務所のかたや金沢土木管理事務所の方々まで今回の講習会に参加して下さいました。
総勢30名程の関係者の方々が集まり、龍安寺垣の作り方を学んでいかれました。

午前中だけの講習会の筈が、やる気が満ち溢れ午後も続行で四時までみっちりと講師を努めてました。

門松を納める。

  • 2016.12.31 Saturday
  • 15:35

今年も弊社の”詫びの門松”を作り、無事に納品しました。

 

弟子の一人が実は11月末に交通事故に遭い3週間会社を休まざる得ない状況で、祐樹と二人で現場が終わって置き場に帰ってきては毎日コツコツと夜なべをして準備してきました。

 

 

15732578_1239000426179995_2543204108800301278_o.jpg

 

今年からお世話になった平塚市の妙樂禅寺さんの山門前に。

 

15726801_1238340569579314_6502377075767250853_n.jpg

 

毎月お世話になっている海老名市の鳳勝寺さんの山門前に。

 

15589818_1238340546245983_2134143971420755814_n.jpg

 

そして埼玉県飯能市の広渡寺さんの本堂前に。

 

ことしも無事に納めることが出来て良かったです。

引き続き従業員さんを募集しております。

  • 2016.12.02 Friday
  • 21:37

連日お知らせしていますが、弊社は今、従業員・庭師見習いを募集しています!

 

 

写真は毎月出入りしている海老名市 春日山 鳳勝寺さんの中庭です。

 

庭師になって働きたいと言う人、是非連絡をしてください!

 

応募資格

 

20歳〜26歳位まで

 

マニュアル免許取得者

 

会社近郊に住んでいる人(通勤が遠いと継続は苦しくなるため)

 

 

この写真は弊社が境内全ての庭を施工した、埼玉県の臨済宗寺院 泉福禅寺です。

本気で庭師を目指したい人!!弟子入りし、将来は庭師として独立して身を立てたいと本気で思える人。

 

または、従業員としてこの仕事に生きがいを感じて過ごせるという人。

 

とにかく、やる気のある人!

 

今いる会社が公共性が強く、剪定方法などに疑問を持っている人!

 

庭師として、職人として日々を生きていこうと思っている人!!

 

心のこもった作品を共に造ろうと思っている若者。

 

是非弊社で共に働きましょう!!

 

(公共工事を全くしないわけではありません。エクステリア工事・草刈り・マンション管理・霊園管理もあります)

 

まずはご連絡ください!コメントにアドレスを書いてくださればこちらからまたご連絡差し上げます!

 

アドレスは管理者の私以外には表示されませんのでご安心を!

 

 

この写真は今年の初秋に施工した厚木市の作庭現場です。

 

来年早々には、光悦寺垣、黒穂垣、建仁寺垣の工事予定があり、海老名市の禅宗寺院では2ヶ月にわたっての石積み工事、その後も40m以上の竹垣工事を予定。

 

興味があり、一緒に作りたいという若者を募集します。

 

また同業者で、私と一緒に石積みをしたいとか、竹垣をしたいという方も遠慮なしにお声がけくださいね。

 

直接電話での受け付けも致します。

 

090−2175―9370 霧島宏海まで。

門松を納める2015

  • 2015.12.26 Saturday
  • 21:26
さてさて、ブログをずっと更新していませんでスミマセンでした。

忙しいのもありましたが、なかなかブログの記事としていいものが無く気づけばこんなにも時間が経ってしまいました。

さて、そんな今日は海老名市の禅寺:鳳勝寺さんと埼玉県飯能市の禅寺:廣渡寺さんへ門松を納めに行きました。

勿論弊社はお客様のその場で門松を作ります。どこかで買って売る門松ではありません。私達が心をこめて一つ一つお客様の前で作らせて頂いてます。

DSC_0099 (640x427).jpg

竹林から自分達が使う竹を切り出してきます。そう、ここから私達は門松造りが始まります。

DSC_0100 (640x427).jpg

師匠から弟子へ技術は紡がれていく。私の手さばきを見て学び、鍛錬を積む。

DSC_0104 (640x427).jpg

でも、それが弟子に伝わらなかった時は起こると同時に凄く寂しくなる・・・・。これも親方の定めかな(笑)

DSC_0106 (640x427).jpg

祐樹と唯人(パウマン)は今日はメチャクチャ怒られていた・・・もっともっと真剣に!何故この道を目指したのか、何故自分は修行をしに来たのか・・・・。私から何を学ぶのか・・・技術指導ではなく・・・どうやって庭師として生きていくのか・・・それをもっと感じて欲しい。俺の力不足なのかな・・・・。

DSC_0107 (640x427).jpg

祐樹・・・・もっともっと高く、高く志を持って欲しい・・・君は出来るはずなのにその羽を自身で広げようとしない・・。誰かの助言を待っている・・・・しっかりと前を向きなよ!
そんな彼に今日は厳しくプロのあり方を問いました。未熟さには気づいてはいる彼・・・早く羽を広げなさいなっ!

DSC_0108 (640x427).jpg

”笑い竹”です。

DSC_0131 (640x427).jpg

午後からは私と唯人(パウマン)は埼玉県飯能市の禅寺:廣渡寺様へ。

DSC_0132 (640x427).jpg

一年の感謝を込めて私の心と唯人の心を添えて納品する。請求書のような野暮なことはしない。それが職人。

DSC_0133 (640x427).jpg

感謝を込めて、愛弟子達と作った”鎧垣”を無期限でここに置かせていただきました。(笑)
そう、これも日頃の感謝の気持ち。私は出入させていただいているお寺様が大好きです。
数ある庭師の中から私を選んでくださったことに本当に心から感謝しています。
”有り難い”という言葉の意味をしっかりと理解して・・・・「ありがとうございます」とおもう。
そして、ここのご本尊”延命地蔵菩薩”様にも回向して今年一年の出入の感謝をさせて頂きました。
本当にここのお寺様・・・・大好きです。奥様もいつも心優しく私達を迎えてくださり、方丈様の笑顔を見ると”ほっ”とします。
庭師として出来る事をして差し上げたい。
そう、そして生きる仏様のような若方丈様にご挨拶できなかったのが残念。
本当にここの若方丈さんにお会いすると、心が落ち着く・・・・不思議な方です。

DSC_0135 (427x640).jpg

DSC_0137 (427x640).jpg

そんな今年の門松。いつもと変らず、庭師の侘びの門松。それでいい・・・。

DSC_0138 (427x640).jpg

”セン”で削った関東の門松。これからもずっと私と私の門下生が次世代に紡いで行くことでしょう。

完成したテラスに使う平板。

  • 2015.02.26 Thursday
  • 15:58
 先日置き場にて加工していた平板の完成写真をご紹介。

DSCF9507 (640x480).jpg

こんな感じに仕上げました。角を丸みをビシャンでつけて品良くライン入れて。

DSCF9509 (640x480).jpg

現場での施工はもう少し先になるけれど、今からワクワクしている。

鉄砲垣

  • 2015.02.02 Monday
  • 18:17
私はここ数日間現場を会長と愛弟子二人に任せて日夜、洋風庭園の設計をしています。

そんな中、愛弟子の一人パウマンから現場の写真が届いたので紹介。





長年経過でボロボロになった鉄砲垣





おっ?お弟子ちゃんたち俺が居なくても会長の下でしっかりやっとる感じじゃん!\(^-^)/





そして、完成!\(^-^)/

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM