思い立ったら吉日。

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 22:07

4月15日(土)夜。妻と何気ない話をしていると、「ねぇ、知ってる?岐阜県の神秘的な池。SNSで有名になった”名も無き池”のこと」と話の内容。実は私も気になっていた場所、まさか日本とは思っていなかったけれど・・・。

 

明日は日曜日だし、岐阜県まで行っちゃう?って妻は言う・・・。いやいや日帰りで岐阜って無理ですよね。かなり疲れてしまうし、普通じゃない・・・・・普通じゃない・・・・そっか、なら今から行こう!!!

 

普通なんてつまらないでしょう?だから私はよしっ!って決めたらレッツ・ゴー!

 

出発したのが21:30分(笑)勿論愛犬二匹も連れて行きます!フルフラットにした後部座席に布団を投げ込んでいざ出発!

 

深夜2:00、頑張って目的地の最後のサービスエリアで仮眠を取りました。

 

そして朝からその”名も無き池”通称では”モネの池”と呼ばれている場所へ!!

 

DSC_0162.jpg

 

ここがモネの池です。何気ない寂れた神社前の池なのですが、肉眼で見ると角度によって、「ほげぇー!何だこの池は!!」って事になります。水は透明で綺麗だけれど余り変哲も無い・・・しかし、そこに泳ぐ鯉が来ると!!とたんにあの印象派の巨匠クロードモネの世界に!!!幻想的すぎて言葉が出ませんでした!これぞ奇跡でした。

 

DSC_0164.jpg

 

別の写真。こんな奇跡の池をもしも私が毎回再現できたらもの凄いことだろうなぁ・・・・。

でも見せ方について沢山学べました。

 

DSC_0170.jpg

 

せっかくここまで来たのだし、周辺で面白い街を探すことに。

 

美濃市の”うだつの上がる街”なる物を見学。

 

あぁ、ここもいい感じ、まだまだ観光客が大勢来るという感じの発展はしていなくて、ちびっと寂しいくらいの人影が心地いい。

 

重要文化財に指定されている古いお酒屋さん:百春。うだつのこの”むくり”の曲線が美しすぎます!

 

DSC_0172.jpg

 

こういうのを見ていると心が落ち着く私は根っからの日本人ですね。

 

DSC_0179.jpg

 

桜と瓦・・・・・・・美しいなぁ。

 

DSC_0181.jpg

 

うだつの上がる街の雰囲気はこんな感じ!

 

DSC_0182.jpg

 

瓦の留め飾りも変わっていたし、とても勉強になりました。

 

DSC_0195.jpg

 

うだつの上がる街を見学後は、美濃からさらに北上する事150km妻が訪れたことがないというので”世界遺産:白川郷”に来てみました。なんとまだ街中には雪が大量に残っておりました。ルークもエマも大興奮、それ以上に妻も大興奮でした(笑)

 

DSC_0197.jpg

 

思い立ったら吉日で急に決めた岐阜への24時間旅行。いやー頑張ればこんな場所まで来れるんですね!!

 

本当に庭師としての勉強にもなったし、リフレッシュ出来たし最高の時間でした。

満開の桜と石垣

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 21:22

さぁ!春です!!!そして、待ちわびたこの季節!桜の季節。

 

鳳勝寺さんでの石垣工事が完成したときに楽しみにしていたこの景色!

 

 

DSC_0807.jpg

 

BRAVOoooooooooooooo!!!!!!!!!!

ブラボー!!!!!!!!

春の準備 鳳勝寺さんの中庭

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 21:18

揚げ簾戸を交換した鳳勝寺さんの中庭。

 

作庭から6年が経過しました。

 

そんな中庭を徹底的に綺麗にして、春が迎えられるように!

 

DSC_0134 (2).jpg

 

 

DSC_0138.jpg

 

 

DSC_0137.jpg

 

さぁ、春の訪れを待つばかり!!モミジの芽吹きを楽しみにしよう!

鳳勝寺さん中庭の揚げ簾戸の交換

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 21:09

鳳勝寺さんでの修繕工事。今度は中庭。

 

苔を少し張り替えたり、揚げ簾戸(あげすど)を交換。

 

今回は自然の枝の在庫が少なかったので、今年の初めに久良木公園での建仁寺垣で使った胴縁を再利用しました。

 

DSC_0764.JPG

 

建仁寺垣で使った胴縁と2年前に取っておいたサルスベリの枝。

 

DSC_0765.JPG

 

各種部材をナグリ模様仕上げにします。

 

DSC_0766.JPG

 

それらを組み立て枠を作る。いい感じじゃん。

 

DSC_0770.JPG

 

今回もしおり戸のように竹を剥いで菱に編もうと思いましたが、今回は少しモダンにしようと急遽変更!

 

ホゾを彫って竹を大津垣のように編み込んで、でも透かすように。

 

 

DSC_0771 (1).JPG

 

裏側も模様が出るように、それもサラリとさりげない位の模様が良い。

 

DSC_0760.JPG

 

桂垣の出入り口に付ける揚げ簾戸。今回はこの桂垣の押縁も交換。

 

DSC_0782.JPG

 

揚げ簾戸が取り付けられた姿。

 

DSC_0785.JPG

 

上げられた揚げ簾戸。

 

DSC_0138.jpg

 

正面から見るとこんな感じ!青竹の清涼感が中庭の流れの清らかさを倍増!

 

 

 

 

niwasho-kirishima.com

  • 2017.04.03 Monday
  • 10:29

庭匠霧島のホームページが新しくなりました。


プロバイダーを変えて、ホームページをどうしようかと悩んでいましたが思いきって作り直すことに。


まだまだ骨格しか出来ていませんが、これから記事を順次更新していきます。


あっさりとした今回のホームページですが皆様どうでしょうか?


私自身が作っていますので不備が多々あるかと思います。


ブログの題名どおり、

niwasho-kirishima.com

で検索してみて下さいませ。


これからも有限会社 庭匠霧島を宜しくお願い申し上げます。

鳳勝寺さんの修繕工事続いてます。

  • 2017.04.03 Monday
  • 10:11

鳳勝寺の延べ段の補修工事



施工して10年が経ち少し外れてしまった石をやり直す。



セメントでしっかりと下からやり直しました。



目地は関東ロームに消石灰とを混ぜたものを使用しました。こうすることで時間の経過と共に地ゴケが生えてきます。


初めから苔を目地に植えると人為的ないやらしさが出てきますものね。



ざっくりした延べ段はこのお寺の雰囲気に合うものです。


当時の愛弟子は女性庭師の渡辺さんだったなぁ。懐かしく思い出に浸りながらの補修工事。渡辺さんも今では母親になり、年賀状で元気な姿を報告してくれています。


まだまだ、鳳勝寺さんの修繕工事は続きます。


フランスでワークショップをします。

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 15:31


イタリアでの受講者の中にフランス人のオリビエという人がいて、彼はフランスで日本庭園を造る仕事をしているのですが、彼がイタリアで私がやっている日本庭園の授業みたいなことをフランスでもやりたい、企画したいと言ってきました。今年の初めに私よりも先に同じ神奈川県で庭師をしている仲間で、私が個人的にライバル視している(笑)横浜市金沢区の米山庭苑の米山拓未さんにオファーをしていました。

米山さんはお互いにまだ駆け出しの頃に日本庭園協会神奈川県支部で若手庭師集団:"庭盛会"を立ち上げた創設メンバーの方です。


そんな彼が私とタッグを組まないかとお誘いがあったのが今回のワークショップのきっかけ。


しかし、私と米山さんはいわば"水と油"の作風であり、庭造りのスタンスも違う。


米山さんは"庭はロックンロール"というが、私は"庭はクラシック"というくらい二人の個性は違う(笑)


神奈川県支部ではお互いに"攻めの姿勢の庭師"で異端児扱いされる点では同じ(笑)


特に馴れ合いもせず、ここ10年間は二人で酒を酌み交わす仲では全くなかった二人。


でもお互い意識してたと思うし、刺激は貰っていた。


そんなか彼が私とタッグを組もうとのお誘い!


正直誘いがあった時は本当にビックリしたし、困惑もしましたが、同時にワクワクが止まらなかった!(笑)


同じ神奈川県支部の仲間がこのタッグを知ったらさぞかし腰を抜かす位に驚くだろうなと想像したり(笑)


だって、俺と米山さんとは、めちゃくちゃ仲が悪いと思われている位。

会っても喧嘩のような雰囲気になるし、二人の個性は強すぎていて真逆だから。


そんな二人の個性派庭師が同じ志で海外に打って出ることになった!


ある意味、"最凶で最強"歯車が合えば海外でも敵無しだもの(笑)


オリビエがまず最初に選んだ米山さんは本当に素晴らしい庭師だと私は思うし、オリビエは偶然なのか彼を選んでくれて良かった!

いや、きっと必然だったんだろう。


神奈川県支部で副支部長の米山さん

庭園協会の評議員になった私。

どちらも若手を引っ張っていく立場にいる。そしてどちらも海外でも物怖じすることなど無いウチら。


最強タッグで今年からフランスで暴れてきます!(笑)


まずは米山さんが5月にガツンと5日間ワークショップをして、バトンを渡して貰って7月に私が4日間ガツンとやってきます!



そんなうちらの紹介プロフィールが出来たので紹介します。勿論全部フランス語です。


米山さんのプロフィール!


私のプロフィール!


そしてフランス人のオリビエのプロフィール!


この三人でフランスから日本庭園の技術と魂を発信してきます!

鳳勝寺さんの土間打ち

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 14:57

昨日から、海老名市鳳勝寺さんの修繕工事で駐車場の解体、土間打ち工事です。


石垣をするのに少しだけ既存駐車場を壊していたので修繕しています。


ひび割れも起きていたので部分的な修繕ではなく1台分を全面的に修繕することにしました。



最後まで真心込めてしっかりと。



いよいよ今回の請け負い工事が全て完了です。

久しぶりの風邪引き

  • 2017.03.27 Monday
  • 03:49
実は1週間前より体調を崩してしまい4日前から風邪が悪化。病院に行くも状態は余り改善されず、今も咳で目覚める。
大工事が終り気持ちの緊張の糸が緩んだからかな。

東京や長野県での仕事の設計や海外での活動準備やら鎌倉市での講演会などやることが盛りだくさんですが、脳ミソが風邪で回りません。

今日は雨の中仕事か……。

ほどほどにしよう。

イタリアミラノ郊外のモンツァ園芸学校

  • 2017.03.25 Saturday
  • 21:23

昨年からイタリアの地で特別講師に就任しましたが、今年もその特別コースがScuola Agraria del Parco di Monza(モンツァ園芸学校)で開校されました。

 

giardino-giapponese-01.jpg

 

コースのパンフレットの写真。私が前面に起用されています。

 

17435941_1933776803518990_1001966396288386073_o.jpg

 

今月の20日から4日間イタリア人のフランチェスコが基礎コースの”日本庭園学概論と歴史”を授業し、紙や写真、スケッチなどで日本庭園のテクニックを学びます。

 

17492873_1933776870185650_4066007375358510433_o.jpg

 

ジャガイモをサツキの刈り込みの曲線として取り入れた授業。笑えるけれど、真剣だし結構いい考え!!

そして透明なプラ板を使った垣根の効果を検証している。

 

17492547_1933774883519182_5452878158919857096_o.jpg

 

そして今年も友人のアウレリオがこのコースのスポンサーになってくれた。

Nipponツリーという日本の庭木を販売している、コモ湖近くの会社の社長です。

 

17349712_1933777050185632_971787911627415009_o.jpg

 

さて、今年の私の授業は9月11日から2週間イタリアで授業をしてきます!!

 

海外でもガンガン攻めて行きます!霧島宏海らしくね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM